メイン画像

WHAT'S NEW!

  • myd-259_1_4

    EPISODE.259.1.4 あとがきのようなもの/真

    大切に乗ろう、大事にしよう、思いがたくさん詰まったオートバイだから

    2017.04.17

  • myd-259_1_3

    EPISODE.259.1.3 あとがきのようなもの/急

    こじれにこじれ、ずいぶんとややこしいことになってきた

    2017.04.05

  • myd-259_1_2

    EPISODE.259.1.2 あとがきのようなもの/破

    このパンヘッドはひと筋縄ではいかないということか、神様も手厳しい

    2017.03.27

  • myd-260

    EPISODE.259.1.1 あとがきのようなもの/序

    2016年11月某日、出し抜けに携帯電話が鳴った

    2017.03.13

  • wesco40_216x164

    VEGETABLE TANNED LEATHER

    今シーズン、立て続けにニューモデルやニューレザーをリリースしているウエスコブーツだが、今回新しくカスタムメニューに加わったのはアメリカのタンナーで制作されたベジタブルタンニンレザーである。

    2016.08.01

  • 216x164

    OLIVE LEATHER

    豊富なカスタムメニューをラインナップするウエスコブーツ。それぞれの用途や趣向に合わせて制作した、世界で唯ひとつのカスタムブーツを手に入れる喜びは、なにものにも代え難いものがある。そんなカスタムメニューに、今まではヨーロッパ限定カラーであったオリーブレザーが加わり日本でも解禁となった。

    2016.07.01

  • list

    EPISODE.259 未だ見ぬ世界/急

    小さなカセットデッキの中で8回目の演奏を終え、hitomiの声にも張りがなくなったころ関門海峡が近づいてきた。本州最西端、壇ノ浦サービスエリアで長かった本州に別れを告げる。

    2016.06.16

  • list

    2016 JAPAN LIMITED MODEL

    ハードなロガーブーツの印象が強いウエスコブーツであるが、そんな定番モデルの他に、ウエスコブーツにはジャパンリミテッドという限定モデルが存在し、こちらも人気を博している。そこで今回は、ウエスコ初となるゴートスキン(山羊)を使用したエンジニアブーツ、2016 ジャパンリミテッドモデルを紹介しよう。

    2016.06.01

  • list

    ルードギャラリーの熊本震災チャリティTシャツ

    4月14日に発生した熊本の地震の救出活動、及び復興活動の支援を目的としたRUDE GALLERYの”ONE BIG FAMILY” PROJECTによりチャリティTシャツが作成された。メインデザインはマジカルデザイン代表のH.U氏が担当し、バックにはRUDIE’S CO.,LTDの全てのブランドロゴが使用されている。

    2016.05.30

  • list

    EPISODE.258 未だ見ぬ世界/破

    「未だ見ぬ世界/序」に続いて今回もHBJ43号(1999年7月発売)の巻頭企画、東京阿蘇1300kmの原稿を引用させていただきたい。

    2016.05.23

  • list

    EPISODE.257 未だ見ぬ世界/序

    僕が雑誌ホットバイクジャパン編集部に入ってはじめて担当したHBJ43号(1999年7月発売)の巻頭特集が東京?阿蘇間をイッキに走るこのツーリング企画だった。

    2016.05.16

  • list

    YUYA IGARASHI?BOSS

    プロスポーツ選手のフィジカルコーチを勤める五十嵐悠哉、39歳。誰もが知る総合格闘技選手や世界チャンピオン、さらにビーチバーレーのオリンピック選手をクライアントに持つ彼はトレーニングや食事を含めた身体の管理を一手に担っている。そんな彼が最近スポーツスター883Rを手に入れた。もちろん足元を固めているのはウエスコブーツである。

    2015.5.2

  • list

    EPISODE.256 少しだけ無理をする

    ──突然だが、ハーレーのポジションついて考えてみる。いや、そこはもっと限定的に僕のパンヘッドのポジションついて考えてみることにしよう。もしかしたら逆説的にそこからなにか学べるものがあるかもしれないし、少しばかりの教訓のようなものが得られるかもしれない。

    2016.04.25

  • list

    EPISODE.255 学ぶべきこと

    ──突然だが、ハーレーの嫌いなところについて考えてみる。いや、そこはもっと限定的に僕のパンヘッドの嫌いなところについて考えてみることにしよう。もしかしたら逆説的にそこからなにか学べるものがあるかもしれないし、少しばかりの教訓のようなものが得られるかもしれない。

    2016.04.12

  • list

    ROBERT WILLIAM

    ハードワーカーから絶大な支持を集めているウエスコブーツだが、軽快なローカットモデルがラインアップされていることをご存知であろうか? 2015年、そんなローカットブーツに新たなモデルが加わった。ウエスコ三代目社長ロバート・ウィリアム・シューメイカーの名を冠したローカットモデル、ROBERT WILLIAMである。

    2016.04.01

  • list

    EPISODE.254 ツナガリ

    前回更新のEPISODE.253 FREEDOMでハーレーの魅力について僕なりの考えを書かせていただいたが、とても大事なことを忘れていた。ハーレーの魅力すべてをひっくるめて「格好いい」からという結論に落ち着いたわけだが、もっともっと大切なことがあった。

    2016.03.29

  • list

    ガッツクロームが扱うkHエンジニアリングのシート

    総合パーツディストリビューター、ガッツクロームのオーセンティックマーケットが取り扱うサドルレザーシートを紹介しよう。このkHエンジニアリングが手掛ける上質なサドルレザーシートは職人の手作業によりひとつひとつ丁寧に製作されている。

    2016.03.24

  • list

    EPISODE.253  FREEDOM

    ──ハーレーの魅力について考えてみる。カタチ? 乗り味? ブランド力? ステイタス? ヒストリー? 仲間とのつながり? それこそ数え上げればキリがないし、人それぞれ感じている魅力は千差万別なのだろう。

    2016.03.22

  • list

    スポーツスタースクランブラー / 2001 SPORTSTER

    まずは写真をご覧いただきたい。2001年式のスポーツスターをベースにバランスのよいスクランブラーにカスタムされている。もちろんこれは現行スポーツスターファミリーにはないスタイルなので、とくにハーレーに詳しくない人が見れば、このマシンのベースがハーレーだとはまず気づかないはず。マニアックなショベルスポーツのCH的アプローチのマシンとなっている。

    2016.03.18

  • list

    ナイス!モーターサイクルのテールランプ

    精力的にオリジナルパーツをリリースする、お馴染み神戸三宮のナイス!モーターサイクル。今回はビンテージモデルから現行のスポーツスターにまでマッチするスクエアテールを紹介しよう。

    2016.03.16

  • list

    EPISODE.252 雑食系

    前回更新したEPISODE.251「ネオレトロな羊の皮を被った狼」でヤマハのニューモデルXSR900についてつらつらと書かせていただいたわけだが、これが意外にも好評だった。ロードランナーのLeeさんが登場しているヤマハのオフィシャルムービーの影響が大きかったのだろうと想像はできるが、それにしてもハーレーWEBマガジンのHBJ.comでこの反響は驚きだった。

    2016.03.14

  • list

    スポーツスタータンクが取り付けられたパンヘッドのエレクトラグライドチョッパー|1965 FLH

    パンヘッドのラストイヤーモデルである1965年式FLH、エレクトラグライドをベースに製作された新井さんのマシン。このモデルから12V電装が採用され、現代オートバイとしての基本的な機能が備わったと言える。

    2016.03.11

  • list

    MMMプロダクツの砂型鋳造Eキャブカバー

    ビンテージフリークのカユイところに手が届くマニアックなパーツをリリースするMMMプロダクツ。そんなMMMプロダクツがエーシックスモーターワークスとタッグを組んで製作したS&S Eキャブ用のアルミカバーを紹介しよう。

    2016.03.09

  • 003

    EPISODE.251 ネオレトロな羊の皮を被った狼

    2016.02.23に発表されたヤマハのニューモデル、XSR900。ヤマハ永遠のスタンダードモデルであるSRでも、その派生モデルのSRXでもなく“XSR”である。そのネーミングからSRなどとの関連性を想像してしまうが、空冷シングルのSRやSRXに対して水冷直列3気筒エンジンを搭載したXSRはコンセプトを異にした全く別のモデルとなっている。

    2016.03.07