メイン画像

MAD DYNA

写真
写真

飽くなき走りへの欲求

2001年に新車で購入したダイナスーパーグライドスポーツに少しづつ手を加え、アップデイトを繰り返してきたというこの車両。手掛けたのはパフォーマンスカスタムを指針に数多くのカスタムマシンを製作してきたトランプサイクル。マットペイントのガンメタリックベースにフラットブラックのオリジナルスキャロップが描かれたカスタムペイントも、同店ならではと言えるハイセンスなもの。ヘッドライトに取り付けられたオリジナルマッドマスクの個性が強烈なマシンであるが、この車両の本質はあくまでもその走りに隠されている。

 

ストックのTCモーターのキャブレターにはHSR42mmを装備し、エアクリーナーはポリッシュされたS&S TOW-THROATをセット。点火系はダイナTC、マフラーにはトランプカスタムのアイコンとなるフルチタニウム製デュアルメガホンが取り付けられている。迫力のルックス&性能はもちろんのこと、大幅な軽量化をも実現するパフォーマンスパーツである。

 

足周りに関しても入念に煮詰められている。ミスミ製スタビライザーかセットされたナローフォークのスプリング/ダンパー/オイルが見直され、サーキットやワインディング走行を念頭に置き追従性の高い、若干ハードなセッティングに振られている。ホイールはセミグロスブラックのペイントが施されたサンダンス製マグホイールを装備。前後のブレーキにはミスミ製320mmフローティングローターにAP製4POTキャリパーをセット。リアショックにはオーリンズ製36E、さらに52丁のドリブンスプロケットは超超ジュラルミンを使ってワンオフ製作されたものである。

 

これら走行性能ありきのモディファイが加えられてきたダイナであるが、今後さらなるエンジンチューニングメニューが控えている。排気量1550ccにスープアップされ、ハイカムがインストールされる予定だという。走りへの欲求は決して尽きることはないということか……。つまりはその欲望こそが、“MAD”なのだ。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    個性を大きく主張するトランプオリジナルのマッドマスクを装備している。~05ダイナ用は、~03XL用と兼用となり、近日リリース予定。

  • 写真

    ストックのフューエルタンクにガンメタリック&フラットブラックのスキャロップをドロウ。アイボリーのピンラインがアクセントとなる。

  • 写真

    ナロード&ショートカットされたリアフェンダー。そのためストラットのマウント位置も微妙に変更されている。ノーマルとの差は歴然である。

  • 写真

    グロスブラックにペイントされたフォークスライダーにオリジナルショートフェンダー。さらにマグホイールの存在感が際立つフロントエンド。

  • 写真

    ブラックリンクル塗装が施されたストックのTCモーターに、磨き上げられたエアクリーナー&美しい焼色のフルチタンエキパイが映える。

  • 写真

    シンプルなソロシートもトランプオリジナルのプロダクツである。V字デザインのメッシュ生地により、高いグリップ力&フィット感を実現。

  • 写真

    トランプカスタムのアイコンも言えるフルチタニウム製デュアルメガホンを装備。機能とスタイルを高い次元で両立するハイエンドパーツ。

  • 写真

    リアショクにはストック長のオーリンズ36Eブラックスプリングモデルを装備。質実剛健のワンオフ製スプロケットにも注目して頂きたい。

  • 写真

    ショールームにて愛犬のロイ君と満面の笑顔のトランプ代表、長岡さん。HBJ WEBで連載がはじまっている彼のエッセイも要チェック!