メイン画像

No Categorize

写真
写真

ボルトオンカスタムの可能性

EVOスポーツをベースに数多くの車両を手掛けてきた三宮のナイス!モーターサイクル。ショベルヘッドやヴィンテージモデルのガレージチョッパー、ナイス総帥カルロスボヘミアンオカダが言うところの、いわゆる “B級” カスタムが同店の神髄であるが、現行モデルをベースにしたカスタムにおいても如何なくその個性を発揮。豊富にラインナップされるオリジナルのボルトオンパーツを使って仕上げられるライトな車両でも見応えは十分。今回は1995年式のスポーツスターをベースに製作された、そんな一台をご覧頂こう。

 

バイクの顔とも言えるフューエルタンクにはオリジナルのローダウンタンクを装着。シートはナイスカスタムの定番、TTシートが装着されている。軽快なリアエンドとバランスを考えて、フロントフェンダーはオリジナルのショートタイプを装備。ストックの1200モーターにはエンジン造型を際立たせる5インチクリーナーカバーが取り付けられている。シンプルなサイドターンアウトマフラーもナイスの定番パーツである。

 

フロントフォークのローダウンに合わせて、リアショックにはリジッドバーテイストの1インチサスを装備。この足周りの組み合わせはナイススポーツスターカスタムの鉄板セッティングである。そして細かいポイントであるが「チョッパーにはチェーンドライブがよく似合う」というボヘミアンのこだわりから、リアのベルトドライブはオリジナルキットを使いチェーンに換装されている。

 

ライザー位置が1インチ手前になるオフセットツリーに装着されるハンドルは車体の抑えが効くショートXRバー。そのハンドルにオリジナルのパンチンググリップ、グリメカマスター&レバーを装備し、シンプルなコックピットを形成。さらにTTシート、ストックのミッドステップが作り出すポジションは、マシンの操作性が高いとてもニュートラルなものである。そして仕上げはブラックベースのNo.1カスタムペイントでレーシーにフィニッシュ。如何だろう。この車両を “ライトカスタム” とカテゴライズすることは、もはや不可能と言えるのでは……。オーナー/ティーズガレージ高橋俊典

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    オリジナルのショートXRバーが取り付けられたシンプルなコックピット。オフセットツリーによって、自然なポジションを入手している。

  • 写真

    オリジナルローダウンタンクにはブラックベースにNo.1ロゴをサイドにあしらったトリコロールカラーのカスタムペイントが施されている。

  • 写真

    ナイスカスタムの定番、オリジナルTTシートを装着。スタッズ留めのタックロールシートもシンプルであるが、個性を主張するディテイル。

  • 写真

    ローダウンされたストックの39mmフォークにショートフェンダー。ブラックアウトされたホイールが足元をグッと引き締めている。

  • 写真

    きれいに磨き上げられたスポーツスターの1200モーターに、5インチクリーナーカバー、サイドターンアウトマフラーを装備している。

  • 写真

    エンジンVバンクにイグニッション&スイッチ周りをシンプルに集約。ライトカスタムと言えども、細かな配慮を忘れないのがボヘミアン流。

  • 写真

    シンプル極まりないフルポリッシュタイプの1インチサス。ベルトから換装されたチェーンドライブがハードな印象を醸し出すリアエンド。

  • 写真

    定番のルーカステールをサイドマウントとしている。ウインカーもナイスオリジナルパーツを配している。タイヤはDUNLOP ELITEⅡを装着。

  • 写真

    ナイス!モーターサイクルではカスタムマシンを量産体制で組み上げているが、そのすべてはコンセプトが明確な無二のカスタムである。