メイン画像

PRIDE

写真
写真

XRの名に恥じないマシン

スポーツスターファミリーの旗艦モデル、XR1200。その名の通り、純ファクトリーレーサー「XR750」の血統を受け継ぐストリートリーガルモデルである。そんなXR1200をベースにトランプがカスタムに着手。メインコンセプトは「XRの名に恥じないスピード感溢れるマシン」である。ここに紹介するマシンは、第一段階としてトランプが考えるXR1200のストックスタイルというテーマが与えられている。

 

ここでトランプ代表、長岡守のXR1200に対する印象をざっと記述してみよう。まずは車両が大き過ぎるという点を指摘。さらに車重が重く、XRらしからぬ運動性能も問題だという。足周りに関して言えば、ブレーキが効き過ぎるという点が目に付いたとのこと。これらのポイントを払拭すべく、カスタムメニューが組み立てられていった。

 

まずはフルレーシングコンセプトのチタニウムマフラーにオリジナルバックステップキット、ライトプーリーキットなどが装着され20kg以上もの軽量化を実現。WP製リアショックでローダウンを施し、不安な挙動を抑制するとともにスタイリングを微調整。フロントブレーキにはミスミ製ローターにブレンボ4POTキャリパーをダブルで装備。コンピューターチューンによる吸排気系の見直しも計られている。乗り味はストックモデルとは比較にならないほど俊敏、かつコントローラブル。さらにエクステリアにトランプオリジナルのマッドマスクを装着し、ストリート感を演出。グロッシーグレーのペイントもトランプならではのセンスを感じさせるものである。

 

今後はサーキットへと持ち込み、さらなるカスタム&チューニングを加え、徹底的に機能とスタイリングが煮詰められて行く予定。レース屋でもあるトランプにとって「XR」の名はあまりにも大きく、その名を冠したモデルに一切の妥協は許されない。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    トランプオリジナルのマッドマスクでスパルタンな印象のフロントエンド。サイドのブラックピンラインがアクセントとして効いている。

  • 写真

    超超ジュラルミン製オリジナルミリバーTHB-002スピードバーにブレンボ&ミスミ製レバーを装着。ブレーキ&クラッチのタッチも良好だ。

  • 写真

    何層にも渡るクリアを吹き付け、グロッシーな光沢を放つグレーにペイントされたフューエルタンクカバー。エッジ部のピンラインにも注目。

  • 写真

    ブレンボ4POTキャリパーにミスミ製φ320ローターをダブルで装着。レバーを握り込むほど、じわりと制動力を発揮する絶妙のタッチを実現。

  • 写真

    コンピューターチューンによる吸排気系の見直しが計られているモーター。ビレット製のTB-018バックステップキットも見逃せない。

  • 写真

    このマシンの見せ場はTMF-024Eフルチタニウムマフラー。新設計のサイレンサーやチャンバー形状のジョイント部などにこだわりを凝縮。