GORKY 『SADDLE SEAT』

本物を超えたサドルシート

ナックルヘッドやパンヘッドなど、ビンテージハーレーの泣き所と言えばシートやバッグなどのレザー製品であろう。普段使いを考えると経年劣化により品質が落ちてしまったシートを使い続けることはあまりオススメできない。東大阪の革職人、太田成行も同じ考えで、いつ裂けてしまうか分からないオリジナルシートを使用することにストレスを感じていたひとりだった。ビンテージハーレーの雰囲気を損ねず、気兼ねなく使えるシートが欲しいと思い自ら製作に着手。そうして仕上がったのがご覧のサドルシートである。オリジナルのシートベースに肉厚のサドルレザーを張り込み、まるで何十年も使われてきたシートと見紛うほどの見事なエイジング加工が施されている。本物を超えたシートと言えるだろう。

 

オリジナルのシートベースを使ったサドルシート。もちろんシートベース持ち込みでの作業にも対応している。エイジングは施さず、新品の質感で製作することも可。何十年とかけて自分で革を育てて行くという選択もある。

SHOP DATA

GORKY

電話■090-2505-2492
MAIL■kaipara96@gmail.com
URL■http://gorky96.blogspot.jp