GORKY 『BUDDY SEAT』

こだわりが凝縮されたGORKYの
バディーシート

ビンテージハーレーのレストアの世界でいうところの究極の姿。それはミルウォーキーの工場からラインオフしたばかりの新車の状態にいかに近づけることができるかということであろう。しかしコレクターではなく、ナックルやパンヘッドのビンテージモデルを実用的に使用することを考えるならば現代の交通事情にマッチするようアップデイトが必要となってくる。特にゴムや革製品の経年劣化を考えればタイヤやシート、バッグなどのパーツは交換が必要であろう。そこで紹介したいのが東大阪の革職人、GORKYの太田成行が手掛けたバディーシートである。オリジナルのシートベースに上質なサドルレザーを張り込み、長年使い込まれたようなリアルなエイジングが施されているので、ビンテージマシンの雰囲気を損ねることはない。もちろん新品の状態で購入することも可能。車両のスタイルに合わせて選んでいただきたい。

 

オリジナルのシートベースを使って製作されたバディーシート。シートベース持ち込みでの作業も可。もちろんリプレイス品のシートベースでも問題なし。

 

この緻密なエイジングをご覧いただきたい。まさに本物を超えた重厚感と言える。スタッズなどの飾りは、GORKYの遊び心からオリジナルデザインとされる。

SHOP DATA

GORKY

電話■090-2505-2492
MAIL■kaipara96@gmail.com
URL■http://gorky96.blogspot.jp