そのお祭り"/> 天王祭|ハーレーカスタム・ウェブマガジンHOTBIKE JAPAN.com
メイン画像

episode.09

天王祭

写真 写真

平安時代から1200年の歴史を持つ南千住は素盞雄神社の”天王祭” に行って来た。生まれて初めて見る本格的な御祭りだ。今年は3年に一度の “本祭” なんだそうです。本社神輿が町内を練り歩く姿を見られるのもこの “本祭” ならでは。ほんとうは去年でしたが自粛して今年になったそうです。

 

子供の頃はほとんど御祭りに縁がなかった。買い食いと言うこともあんまりしたという記憶がない。少しはしたかもしれないけれど……。金魚すくい、ヨーヨー、射的、あんず飴、わた菓子など。ソースせんべいなんかは、パチンコみたいな台で少し大きい玉をパチンと打って釘の間を通り抜けて止まった所に数字が書いてあって、それで貰える枚数が決まってくるんだ。10枚とか15枚、20枚なんか当たると、もううれしくてうれしくて。おばちゃんが塗ってくれたソースが、これまたおいしかったなあ。でも早く食べないと、すぐふにゃふにゃになちゃうんだよね

 

まだまだ昼間の暑さが残る夕暮れ時の7時頃、一番最初に “御本社” の大神輿が宮入りして神事が行われた後、各町内の神輿(といっても13の大人の神輿がある)が拍子木の音とともに遠くのほうから「エイサッ、エイサッ」と声を掛け、ゆっくり近づいて来る。御神輿が町内を2日間練り揉み歩いて宮入する時が段々近づいて来ると、3~4メートル進んでは揉み、担ぎ手が変わっては揉む。少し後戻りをしては揉み右に左にそのつど拍手がおこり、間の手が入って来る。なぜか思わず涙ぐんでしまった。みんなもっともっと担ぎたいんだよね

 

まだ終わらないで欲しい、もっと揉んで欲しい、もっと見たいと、いつの間にか僕も思っていた。まだまだ観ていたい終わらないで欲しい。最後の最期まで担ぎ手の人達は楽しそうに笑いながら疲れを知らない氏子達であった。

 

写真
写真

 

バナー