メイン画像

episode.05

GREEN

グリーン、緑、植物にハマってます。それがどうした? て感じですが、これがなかなか奥が深い。あまり興味がなかった今までだと、観葉植物を頂いても何となく育てて枯れたり、置きっぱなしだったり……。それが興味を持ち、ちゃんと調べて育てる今では、すくすく育つのは当たり前で色んな種類に幅も広がっていく。

 

ことの始まりは、2~3年前に家の敷地に芝生を張り、花壇に植物を植えた頃から始まったような気がする。去年の秋にシンボル・ツリーを植えた。所謂大きくなる木で、その家のシンボルとなる大木のことだが、それが今年になり枯れてしまった。この時のショックは可成りのものでペットが死んでしまった時と同じくらい……というと大袈裟だが、明らかにそのちょっと下くらいのショックがあった。

 

草花ではなく、大き目の “木” だったからかもしれない。ミモザ・アカシアという木で、どこで調べてもほったらかしで大丈夫、勝手にグングン伸びて成長も早い、すごく簡単な種類である、みたいな。どこで検索してもそんな説明しか出て来ない木だった。

 

が、それが枯れてしまった。自分の経験不足、知識が足らなかったのは明らかで、すご───────く、反省した。今では、安易に買ったりせずにその種類を調べ、置く場所も決めて買うようになった。周りは年のせい、年とった証拠などと言うが、案外そうかもしれない。

 

自宅のすぐ裏が六甲山ということもあり、ちょくちょく山登り&MTBでダウンヒルなどしている。そんな理由もあり、木を見たり、触ったりする機会が割と多い。幾ら植物が好きで頑張っても自然のもの、ワイルドには到底敵わない。六甲山はなかなか良い。最高にかっこいい紅葉の木があったり、樹齢何十年、何百年、何千年? みたいな木もざらにあるので引き込まれ、本当に楽しかったりする。

 

家の玄関先にはキンモクセイの木がある。5~6メートルあり、見るからに家を支えてそうな大木である。自宅は昭和初期の建物なのでこのキンモクセイもそれくらいの歴史があると思う。好きです、尊敬してます。家族全員が乗っても平気なほど丈夫で、秋には毎年花が咲き、いい匂いがする。ご存知のとおりこの季節は町全体がキンモクセイの香りがする。花目当てにメジロも来るし、のんびりとした空気が流れ心地いい。

 

さて話は観葉植物に戻り、現在はお店、特に自宅は “ジャングル化計画” が進んでいる。どういう事かというと、兎に角葉っぱボウボウにしたいのだ。これはどういう欲求か? 自分でもわからない……。”兎に角、葉っぱボウボウ”、”ジャングル化” したいのだ。なにかの病気かもしれない。”葉っぱボウボウ病”。そう言えば昔、中一の夏は “チン毛ボウボウ” になりたかった。”チン毛ボウボウ病?” だった??

 

話を植物へ。だからと言って、これがボウボウならなんでもいい訳でもない。亜熱帯のものがいいのだ。理由はジャングルにしたいからなのか? 自分でもわからない。だから必然的にメイド・イン・アフリカ、メキシコ、南米、オーストラリアや日本では沖縄産のものばかりを買っている。これは偶然だが好みによりそうなっていった。お店の近所にこの様なセレクトをしている “グリーン・ゲリラ” というハイセンスショップがある。この影響も大きい。

 

更に来月、埼玉で友人がお店をオープンする。隣でバイク屋さん、洋服、雑貨、そして “植物”(奥さんの実家がガーデンセンター)。羨ましすぎるぜ!

写真 写真 写真 写真
バナー