メイン画像

episode.14

写真 写真 写真

只今、休眠中

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
今年は、いい加減に服の話やバイクの話、HOTBIKE的な話などをしなさい! と言われそうですが、しません……というかするつもりないです! そこんとこ! よろしく!!

 

さて今回取り上げるのは、休眠。話は植物の休眠です。休眠とは、生物の生活環における一時期で、生物の成長・発生過程や、動物の身体的な活動が一時的に休止するような時期のことである。この間、生物は代謝を最低限に抑えることで、エネルギーを節約する。植物で言うと発育も停止し、根が冬眠状態になることです。この時期は基本的に水をあげてはいけない。根が腐り、死んでしまうからだ。僕も何回か経験があるが、水を与え枯らしてしまった事がある。プロの話だと、基本的に11月頃から4月末、ゴールデンウィーク明けまでは、控えていいらしい。半年もだ……。初めて聞いた時は流石に、え~! 半年も! と思った。なかなかピンと来ない。

 

ちょっとした我慢比べだ。幾ら冬といっても暖かい日中もあるし、土もカラカラに渇いている。そこで何度か失敗した。外の地植えは天候に左右されるのでここでは関係ない。屋内の鉢植えの場合である。もちろん、すべての植物がばっちり当てはまる訳でもない。水の与え方、量、日当たり、室内温度、風通し、種類……などなど、色々な条件があってだ。多肉系(サボテンなど、葉に水分を含んでる)は、まずダメになるケースが多い。タフな奴は少々の間違い、失敗があっても問題ない。

 

だが、暖かい日中に水を与え、その夜、気温が急激に下がり冷え込んだ時、土が水をたっぷり含んだ状態だと枯れてしまう場合がある。水を与える場合は、土がカラカラに乾いた状態でなるべく暖かい日中に湿らす程度で乾き切る状態が理想である。葉だけに霧吹きなどもいい。意外と周りの上級者の方も、ちょくちょく失敗してるのでご注意ください。

 

話は変りますが最近地植え、外の植え込みにハマってる。つくづく鉢植えとの差を感じている。同じ品種でも葉の色や艶、成長など……やっぱり自然には勝てません。庭があるとかないとか色々なスペースの問題があります。鉢植えの植物も春から秋にかけて外に出すのも良い方法です。この場合、日当たりの加減も大事ですが、ここでは書き切れませんのでまたにします。

 

それはそうと人間にも冬眠や夏眠があってもいいですね。夏には「暑いな~何もしたないな~」という時、南の島へ行きビーチで冷たいビールを飲む。そしてこの時期の寒い冬には「寒いな~あったかい所行きたいな~」といい、南の島へ行く……。どっちも島やんけ~と突っ込まれそうですが、寒い所は嫌です。やっぱビーチがいいですね。ビーチでピチピチのビキニがいい……ピチピチビーチでビールがいい。そして、なんにもしないのがいいです。みなさん今年から、レッツ! 休眠! レッツ! 冬眠!!

 

 

バナー