メイン画像

episode.13

ヨコハマと忘れもの

写真 写真 写真

先日のヨコハマホットロッドカスタムショウ、もはやシェイキン的にはライフワーク的な1年を締めくくる一大イベントになってる訳ですが、早くも1998年のピンストライプギャザリングで初出店してから15回目です! いやはやすごいです。

 

毎年ドラマも多々ありました。個人的に一番の思い出は2004年、エントリーはその当時絡んでいたクルマ屋さん、バイク屋さんもろもろと合同でクルマ2台、バイク3台で一区画を占めて超カッコイイブース展開したのを覚えてます。そのとき初めて作ったパンチョッパーをジミーCに褒めてもらってアワードを頂いたり、ピンストライプを描いたクルマはベスト60′sを頂いたりと最高でした。

 

そんなこんなでホントいつも忘れられない思い出が残るヨコハマなんですが、今年も例にもれず、エントリーの受理書一式を黄色い封筒に入ったまま全部事務所に忘れてくるという大波乱の幕開けで、しかも会場搬入口でそれに気付き、石井さんはじめスタッフの皆さんに大迷惑をかけての搬入になりました(爆)。ホントスイマセン。

 

忘れものと言えば2006年、一番強烈だったのが、自分の貴重品てんこ盛りのバックパックを積み込みのゴタゴタとお疲れさまの挨拶の盛り上がりで存在をすっかり忘れ、会場横の駐車場に放置プレイ(涙)。何と水戸に帰ってきて無いことに気付くという大失態。速攻で石井さんにTEL、スタッフとして本当にお疲れの所を、あちこち探しまわって見つけて頂いてから、ヨコハマの石井さんちの方角に足を向けて寝たことはありません。

 

ショウ翌日、御所山のS&P Studioに朝から取りにいく途中になんとシゲさんのドライブするクラウンとすれ違うという素晴らしいタイミング。「何やってんの?」というシゲさんの視線は忘れられません。ホント助かりました、ありがとうございました。感謝してもしきれないくらいです、ハイ。今回も石井さんにお礼のメールをさせて頂きました。次の日の返信。「清水さん、来年はショウに来ることを忘れないでくださいね」。

  • 写真
  • 写真

 

バナー