episode.19

ファッションより現実的な……。

え~、久しぶりのコラムです。昨年末のヨコハマからなんやかんやでバタバタしっぱなしの年明け2月も半ばな感じです。皆様はいかがお過ごしですか? シェイキン的にはいつもなら正月から雪山でイェ~イ! な感じなんですが今年は現時点で一回も行けていません(涙)。おかげさまで忙しくさせて頂いてるのもあり、色んな事の絡みもあって、タイミングを逃してる感じです。

 

さておき、今回のコラムはメガネのハナシ。子供の頃からまったく目は悪くないんですが、メガネ、好きなんです。それとサングラス。いわゆるEYE WEARってヤツですね。スノーボーディングやモトクロスなんかでのゴーグルもその一つ。実用的にはもちろん、ファッション的にもスタイルを出すのに一役買ってくれたりするわけで、度の入ってない伊達眼鏡なんかも好きなんです。個人的にはUSAブランド、SPY OPTICの日本法人SPY OPTIC JAPANさんにお世話になってまして、機能はもちろんレンズの種類、フレームのバリエーションなんかも実に豊富だったりします。興味の有る方はぜひWEBをチェックしてみてください。

 

写真

 

と、そんな、ファッショナブル一辺倒なハナシも、いつの間にか出来なくなる現実がここ数年の間に突きつけられています。気がつけばワタクシ、シェイキン清水も48歳という、もはや、言い訳の効かないおっさんになってまして、認めたくないほどにあちこちガタがきてるのを否定出来なくなっています。あれほど自慢の視力がいいってヤツもピンストライプの仕上げに決める小さく描くサインに支障をきたすほど見づらくなってまして、ヤバい、コレが老眼ってやつか! と実にアセりました。気になって眼科で視力検査してもらうと、まぁ!コレが間違いなく老化現象な訳でして……(笑)。あ、でも逆にコレで好きなメガネかけられるじゃん! と喜んで、メガネフレームのバリエーションも豊富なSPYから何種類かのフレームを送ってもらい、手元用のレンズを入れてもらうわけです。そしたらもう、別世界のごとくメチャクチャ良く見えるんですわ! ホント目を酷使する我々の様な仕事ではその精度は大切なわけで、とても嬉しくなりました。

 

あ~、好きなメガネもかけられて、言う事無いなぁ~と思ってたのも束の間、お手元用のレンズって、ホント手元用だけなんですね。立って歩く事なんてままならないくらいフラフラ、ちょっと遠くはボヤボヤな訳で、若干酔った感じにも……いつもかけられるわけじゃないんだ、と、少し寂しくなったりもしつつ……。と、そんな不便さも楽しんでる今日この頃って事で……(笑)。

 

写真

 

バナー

 

写真

Shakin' Speed Graphix
住所■茨城県東茨城郡城里町石塚1530
電話■029-288-5791
休日■不定休
URL■www.shakin-speedgraphix.com

写真

Shakin' Speed Graphix

清水 智巳

シェイキンスピードグラフィックス、さらにカスタムディビジョン、シェイキンカスタマイズド代表。アメリカのサインボードやスケート、スノーボードなどからイメージを喚起されることが多い、根っからの遊び好き。