メイン画像

episode.01

「パチもん」、全てはそこから始まる……
写真 写真 写真

──いつも「パチもん」だった。エレキなんか特にそうだったぜ。ベンチャーズがテケテケやってた頃 年上のあんちゃん達の時代は、本物のモズライト(USA)に対し、コピーモデルのモラレス(和製モズライト)。テスコにグヤトーンなんかはコピーとは言い難い独自のセンスを取り入れた斬新(!?)すぎる「パチもん」をオリジナルモデルとして売ってたなー。

 

でもさー、それがよかった。ビートルズやローリングストーンズよりもモンキーズやジュリーがいたタイガースが流行ってて、エレキの若大将、加山雄三は何でもできるスゲー男だったし、そんな時代だった。小学生の俺はエレキが欲しいなんて親に切り出せるわけもなく、悪友とベニアで作った、見た目エレキみたいなモノが宝だったが、いつの日か……と、高く蒼い空を仰いでいた(さらにシールドは縄跳び、アンプはミカン箱)。

 

数年後、実際に姉貴のガットギターを使い、吉田拓郎でギターを覚えた。やっぱエレキ(ベニアじゃない本物……)が欲しくなったが、持ち金6500円。この全財産で勝負に出ることにした。アーケード街の一角に佐藤名曲堂という小さなレコード屋があり、この店の壁に俺が唯一買えそうな中古のエレキがブラ下がっていた。片目で見ればグヤトーンのテレキャスターに見えなくもない半端なモデル。そう間違いなく「パチもん」だ。それもコイツ以外に見たこともない(いまだに……)。店のオヤジに「これいくら?」と聞くと「8500円」だって。「……」。諦めて店を出たものの、通りの反対側に張り込むこと1時間半、ついにそのチャンスがやってきた。それも最初で最後の……。オヤジがピアノ教室に出かけたわけ。「今だ! 勝負!」。店に入り、「おばちゃん、このエレキおいちゃんが “6500円”でいいって言ってたよ」、「あらそう」。GET! 知能犯? いやいや努力です、努力。それが初めての本物のエレキだった。値切った値段なりの代物だけどなんとか使えそうな……。そう言えば本物のアンプが揃ったのは、随分と後だったな。当然、その店で買うハメになったのは言うまでもない。

 

バイクもこんな感じで、今ではいろんなハーレーいじって飯食ってるけど、V-TWINで俺が最初に買えたのは松葉フォークの「陸王RQ」。しかも部品取りのような超ボロいヤツ。今、偉そうにコラムなんぞ書いているこの俺のスタートは、いつも「パチもん」だった。残り僅かなこの人生だけは「パチもん」になんないようにしなきゃな。大人だし……

 

バナー