episode.05 ちょっぴり○○なボンテージ風○○

まさに驚愕のシステム!
おねだり成功率79%も納得である。

インテークマニホールドからの2次エアーの吸い込み。旧車乗りなら誰もが経験する定番のトラブルだと思う。トラブルのうちにも入らない、些細な「おねだり」と言えなくもない。パンヘッドが僕に「ねぇ、この横からの吸い込み、なんとかならないのぉ」と耳元で囁きかけてくるような可愛いおねだり。それは締め切りに追われ、昼夜を問わず原稿書きに勤しんでいたときのこと。どうにか深夜に山場を越え、ひと息付こうとインターネットでニュースを見るとはなしに見ていた。そろそろ仮眠しようかとブサウザを閉じかけたとき「画期的なおねだり機能が……」という妙な見出しを見つけ、気になってクリックしてみた。

 

飛んだサイトは意外にも某大手下着メーカーのオンラインショップだった。僕は取り立てて女性用下着に特別な哲学を持っているわけではない。意味がよく分からないまま画面をスクロールしていくと「ちょっぴり○○なボンテージ風○○でオトコ心を刺激する」だとか、「トータルコーディネイトで狙った相手をしとめる!」という刺激的なキャッチが踊っている。さらにスクロールしていくと「カレにおねだりしたい人は、おねだり機能」なるキャッチを発見。「おねだり成功率は★79%★」などという謳い文句までもが……。

 

説明によると、このオンラインショップには、通常の「カートに入れる」というタブの下に「おねだりする♥」という意味深なタブが設置されている。このおねだりタブをクリックすると、おねだりを希望した女性の彼や夫、愛人、もしくはパトロンに、サイトから「○○さんがアナタに下着(○○なボンテージ風○○)をプレゼントして欲しいと、おねだりしておられます」という旨のメールが届くという仕組み。そのメールを受け取った愛人は強制的に選択を迫られることになる。プレゼントするか、しないのか。なんという驚愕のシステム。おねだりというより、もはや脅迫。このシステムを編み出した人は天才だ。断れる道理がない。おねだり成功率★79%★も納得である。断った21%のパトロンは、オトコの中のオトコ。恐ろしい時代がやってきたものだ。 

W&W製ブラスマニホールドクランプ取り付けの図。ソリッドブラスより精密に削り出された最高品質というWEBサイトの表記に嘘偽りなしの逸品なのだ!

W&W製ブラスマニホールドクランプ取り付けの図。ソリッドブラスより精密に削り出された最高品質というWEBサイトの表記に嘘偽りなしの逸品なのだ!

このブラス製マニホールドクランプには取り付けボルトとOリングがセットされている。この状態を見ているだけでも製作の精度が高いことが簡単に伺えるわけ。

このブラス製マニホールドクランプには取り付けボルトとOリングがセットされている。この状態を見ているだけでも製作の精度が高いことが簡単に伺えるわけ。

高品質のビレットブラス製
インテークマニホールドクランプ

僕のパンヘッドのおねだり、つまりインマニからの2次エアーの吸い込みなど可愛いものに思えてきた。その2次エアーの吸い込みに気付いたのはエンジン始動のときだった。生ガスをキャブに送り込み、キックを踏み下ろすも火が入る気配なし。ふとプライマリーサイドに目を向けるとベルトガードが濡れている。もしやと思い、その匂いを嗅いでみたらガソリンだった。いったいどこからのお漏らしかと、フロントバンクのマニホールドクランプを触ってみたらガソリンが染み出していた。つまりガソリンが染み出すということは2次エアーも吸い込んでいるはず。とにかくその場は応急処置としてマニホールドクランプのボルトを増し締めし、どうにかエンジンを始動させることができた。

 

数日後、Oリングを交換して対処しようかと考えていたときに、バッドランド 桑井さんのブログでW&W製ブラスマニホールドクランプの記事を発見した。品質と精度にこだわり、ソリッドブラスより精密に削り出された最高品質のビレットブラス製インテークマニホールドクランプと記載されている。早速、桑井さんに連絡してW&W製ブラスマニホールドクランプを入手。そしてその実力はサイトに記載通りのものだった。これにてパンヘッドのおねだりは見事に実を結んだ。やはりトラブル? おねだり? なんて、ないに越したことはない。

キャブレターの取り付けはマニフォールドクランプを閉め込むことで行われるので、しっかりと固定させることが大切。もちろん完璧なフィッティングを実現。

キャブレターの取り付けはマニフォールドクランプを閉め込むことで行われるので、しっかりと固定させることが大切。もちろん完璧なフィッティングを実現。