episode.10 HOT ROD CUSTOM SHOW 2010/其の弐

色香漂うドクロヘッドが
無二の存在感を放つ至極の車両

日本最大級のカスタムの祭典、「19th Annual  YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2010」の余韻に浸っている毎日を送っております。ムーンアイズの公式ホームページではモーターサイクル650台、カーショウ250台、ベンダーブース250軒、来場者数1万3000人というアナウンスがあった。HCSの規模は、もはやケタ外れ、まさに規格外のカスタムショーと言えるだろう。

 

そんな中、僭越ながらも我がHBJピックに選ばせて頂いたチップモーターサイクルの1947 WLに注目! 驚きはそのパワーユニットにあり。通称「ドクロヘッド」と呼ばれるヘッドは、ビレット製の逸品。まるで華が咲いたようにフィンが放射状に広がる美しいヘッドに目を奪われる。その他、マフラーの取り回しや複雑なチェーンライン、シングルクレードルのグースネックフレームにハンドル形状などなど、見所は尽きない。構想2年、チップ代表の吉田さん渾身のカスタムマシンである。

 

ショー会場ではプライマリーサイドがよく見えるようにと、三方向にミラーを配したディスプレイを設置。ナイスアイデアで御座います。見れば見るほどに徹底した作り込みに驚かされるこのマシン。レアパーツのチカラに頼らない独創性と、確かな技術力があってこその仕上がりと言える。詳しくは2011年1月27日発売のHBJ118号で取材予定。乞うご期待!

2010HCSのHBJピックを受賞したCHIP MOTO-CYCLEの1947WL。2年という長い歳月をかけて、ようやく完成したチップ渾身のカスタムマシンである。

2010HCSのHBJピックを受賞したCHIP MOTO-CYCLEの1947WL。2年という長い歳月をかけて、ようやく完成したチップ渾身のカスタムマシンである。

愛媛県から参加のGREEN MCのショベルチョッパー。カチ上げられたドラッグパイプがイカしてます。4速フレームに「こだわりアリ」とお見受け致しました。

愛媛県から参加のGREEN MCのショベルチョッパー。カチ上げられたドラッグパイプがイカしてます。4速フレームに「こだわりアリ」とお見受け致しました。