episode 102 HOT ROD CUSTOM SHOW 2012/其の弐

650台もの出展バイクの中から選ばれた
勝手にアワードHBJ.COM’S PICK/HCS編

前回更新の「HOT ROD CUSTOM SHOW 2012/其の壱」に続いて其の弐ではBEST SHOVEL HEAD とBEST PAN HEADを発表しよう。なんと言っても650台もの出展バイクの中から選ばれた名誉ある賞である。独断と偏見と主観と趣味と嗜好と性癖で勝手に選んだアワードだけど。

 

 

まずはBEST SHOVEL HEADの発表だ。その栄冠は京都発信のチョッパームーブメントの震源、HOT CHOPが手掛けたアーリーショベルボッバーに決定。ストックのサス付き4速フレームを使い、絶妙なフォルムに製作。ワンオフのナセルにショックカバー、オイルタンクに埋め込まれたイグニッションなど、ディテイルも非常に丁寧に仕上げられている。アトリエチェリーのシートも抜群。ソリッドなカラーリングも新鮮な印象だ。BEST SHOVEL HEAD受賞、おめでとうございます。

 

続いてBEST PAN HEADを獲得したのは、BRAT STYLEのパンチョッパーだ。このディオグライドは店主、高嶺さんの愛機であり、この車両でドラッグレースにも出場している。セリアーニのオールドGPにLキャブなどのレーシングパーツを配した車両であるが、若干後方へオフセットされたピーナッツタンクにカットフェンダーが作り出すフォルムは紛れもないチョッパーである。リジッドではなく純正の4速フレームというところがまたいい。おめでとうございます。

 

 

ここで業務連絡。HBJ.comでは本家本元の今期HCSでBEST OF SHOW MOTORCYCLEを獲得したCHERRY’S COMPANYのナックルヘッドカスタムの動画を鋭意製作中。HBJ130号の発売に合わせ来年1月にアップする予定。サイコーにイカした動画、お届けします!

 

ここで一句。
「ズバリ言うわよ 走ってナンボの カスタムマシン」
少し字余り(なぜか細木先生風)。