episode.11 HOT ROD CUSTOM SHOW 2010/其の参

明確なコンセプトのもと、
作り込まれた魅力的なカスタム

ムーンアイズの公式ホームページによると、今回出展されたモーターサイクルは、なんと怒濤の650台! 会場を見て回った感じでは、約6割りがH-Dベースのカスタムマシンで、あとの4割りはドメスティックメーカー&トライアンフなどの英国車をベースとした車両という印象を受けた。

 

数年前までは、例えば「●●風カスタム」などというトレンドを意識したカスタムマシンが多かった時期もあったが、今年の印象は明確なコンセプトのもとに、しっかりと作り込まれたオリジナリティ溢れる魅力的なカスタムが多かった。これぞカスタムショーの醍醐味であり、晴れ舞台のカスタムショーと言えるのでは……。

 

徹底的に走りを意識したチェリーズカンパニーのEVOカスタムや、スクランブラーテイスト満載のハマーサイクルのナックルヘッド、均整の取れた美しいスタイリングが与えられたヴィーダのショベルロングフォークチョッパーなどなど、キラ星のようなカスタムマシンに釘付け! さらに独創性に溢れたレーサー仕立てのジャパンドラッグのパンヘッドに、VEE MACHINEのXLCRカスタムなどショップの個性が炸裂したカスタムマシンが多かった。2011年のカスタムシーンを占う上でも、この年末のYOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOWは重要なショーと言えるはず。ニッポンのカスタムシーンは明るいぞ! 

 

では皆様よいお年を!!

オリジナリティ溢れるチェリーズカンパニーのEVOカスタム。同店のマナーと言える、走りを意識したストリートリーガルである。カッコよ過ぎですから!

オリジナリティ溢れるチェリーズカンパニーのEVOカスタム。同店のマナーと言える、走りを意識したストリートリーガルである。カッコよ過ぎですから!

ハマーサイクル製作によるスクランブラーテイストのナックルチョッパー。このまま当時のカタログにラインナップされていても違和感のない仕上がりを誇る。

ハマーサイクル製作によるスクランブラーテイストのナックルチョッパー。このまま当時のカタログにラインナップされていても違和感のない仕上がりを誇る。