episode 116 青の絆

Girls Harley袴塚夏子
ローライダーが繋ぐ家族の絆

先週の木曜日に掲載した「Girls Harley袴塚夏子×2001 FXDL」をご覧いただいただろうか? 父親から譲り受けた、もとい本人曰く、奪い取ったという2001年式のツインカムローライダーを愛車に持つ夏子さん。ダンナさんもハーレー乗りで彼の愛車はファクトリーカスタムの金字塔、77FXSローライダーという夫婦揃ってローライダーに乗るカップルだ。

乗りモノ好きの父親の影響で子供のころからオートバイに漠然とした憧れを持ち、そして辿り着いたハーレーダビッドソン。彼女にとってはじめてのオートバイがこのローライダーであり、未だ見ぬ世界を広げてくれた夢の乗りモノだ。手足の長い恵まれた体型の彼女がローライダーに乗る姿はとても様になっている。

 

そんな彼女が今気になっているのはショベルスポーツだ。色は青、これ重要。青ベースにレインボーカラーのストライプが入ったショベルスポーツにゾッコンのご様子。なかなかシブい選択だが、彼女が惚れ込んだ理由はこのカラーリングにある。ビッグツインの大きなタンクにはこのカラーリングは似合わないという考えからショベルスポーツに白羽の矢が立ったというわけだ。

そう言えばローライダーも青。聞けば、父親の青好きが彼女に伝染したというが、そもそも青が好きだということを彼女自身あまり意識していなかったようだ。ちなみに。はじめて乗ったクルマは父親に譲ってもらったハイラックスのダブルキャブで、もちろん色は青だった。いやはや、このファミリーの青好きは徹底している。

 

最愛の息子、喜一くんもきっとハーレー乗りになるだろう。なんと言ってもこの環境だ、間違いない。この青いローライダーを喜一くんに譲り、そして彼女は青いアイアンを手に入れる。これで決まりだ。

 

ここで一句。
「青に惚れ 親子三代 ハーレー乗り」

少し字余り。