episode 118 MAGIC OF PINSTRIPING

即興で描かれていくラインにより
紡ぎ出されるデザインは、まさにマジック

──カスタムの魅力。やはり世界に唯ひとつのオンリーワンを追い求めるのなら、最後はカスタムメイドに辿り着く。周知の通り、その満足度は計り知れない。視覚にダイレクトに飛び込んでくるカスタムペイントも魅力的だ。オートバイやヘルメットを彩るカスタムペイントはオーナーの個性を発揮する恰好の手法と言える。ブラシ1本で表現するピンストライピングなどは、まさにマジック。下書きもなく、即興で描かれていくラインにより紡ぎ出されるデザインはアートの域に達している。

 

そんなピンストライピングのチカラを紹介したEPSODE.98では、お馴染みシェイキンの手によりカメラのレンズフードにピンストライプを描いていただいた。そして今回は、先日名古屋で行われたJOINTS 2013でブースを構えていたM&K CUSTOM SIGNSのマコトさんに85mmのレンズにピンストライプを入れていただいた。カラーのみゴールドとお願いし、デザインはマコトさんにお任せ。限られたスペースの中、シンプルかつ存在感のあるデザインに仕上げていただき大いに満足している。裏側のM&Kのサインが誇らしげである。

 

またしてもカメラに対する愛着が倍増。なんか素敵な絵が撮れそうな気がしてくるから不思議なものだ。言うなれば「弘法筆を選ばず」ではなく「庶民は筆を選ぶ」のだ。

 

ここで一句。
「愛着と 思い入れで いざ撮影」
少し字足らず&字余り。