episode.128 ALLSTATEへの道

スイカは駄目だ、
せめてリンゴや大根だったら……

ALLSTATE SAFETY TREADのサイズ4.00?18をTHE BRAKERSから取り寄せてロナーセイジへと向かった……果たして僕のパンヘッドに入るのかという問題が残されている、というのが前回までのお話だった。

 

結論から言うと入りました、すんなりと、あっけないくらいに。まさに案ずるより産むが易し。とは言ったものの僕は赤ちゃんを産んだことがないし妊娠したこともないからその不案や大変さは分からないし、想像するしかないが、それは恐怖にも似たそうとう大きな不安だろうし、出産の痛みは男には耐えられない痛みだというし、一節にはおしりからスイカを出すような痛みだと聞いたこともある。せめてリンゴや大根ぐらいなら、清水の舞台から飛び降りる覚悟でなんとか耐えられるかもしれないが、スイカは駄目だ、スイカは。そもそも清水の舞台から飛び降りたら骨折どころでは済まないはずだ。それくらいの大変な覚悟だという意味だろうが……いやこれ以上はやめておこう。話が飛躍し過ぎだ。今回のお題、タイヤ交換に話しを戻そう。

 

 

THE BRAKERSの米谷さんが言った通り、Firestoneの同サイズと比べてタイヤのハイトが高くなることはなく、少しだけ小さくなってリアフェンダー内にピッタリ収まった。Firestoneを履いていた今までのクリアランスは小指の先も入らない状況だったが、ALLSTATEに換えて薬指が入るようになった。おそらくクリアランスは12?3ミリといったところだろう。ハイトだけではなくワイズも少し細くなったようで、ただでさえタイトなパンヘッドのリアエンドがさらに引き締まった印象だ。SAFETY TREAD最大の特徴であるサイドウォールのリブがなんとも色っぽい。タイヤのコンパウンドも非常に粘りがあり、走行性能も期待できそうだ。

 

いざ試乗、というわけにはもちろんいかず、まずは眺めるだけというオアズケ状態。パンヘッド復活の暁には必ずインプレッションをお届けしよう。

 

ここで一句。
「スイカは駄目だ 妄想だけで 激痛が」
少し字余り。

取材協力

THE BRAKERS
住所■大阪府池田市新町6-5
電話■072-741-9983
休日■不定休

ロナーセイジ
住所■茨城県小美玉市大笹470-12
電話■0299-48-3787
休日■火曜日


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。