episode.17 魔女の一撃

ぎっくり、びっくり、
“魔女の一撃”にご用心!

問題の「それ」とは、いったいなんなのか? 大げさに言ってすみません。いわゆる「ぎっくり腰」です。お役立ちのWikipediaによると、「重いものを持った時や急な体幹の捻転時に起こる急性の腰痛を指す通称。地方によっては“びっくり腰”とも呼ばれ、欧米ではその病体から“魔女の一撃”とも呼ばれている」とある。“魔女の一撃”とは、なんとも洒落た名前じゃありませんか。しかしその症状は、洒落にならないくらい強烈だ。

 

取材の打ち合わせでロナーセイジを訪れた時のこと。車から荷物(約15kg)を下ろそうと思い、体を折り曲げ持ち上げようとしたその瞬間、腰に魔女の一撃が! ハンマーで腰を殴られたような激痛が走り、その場で倒れ込み身動きがとれなくなった。

 

もちろん「ぎっくり腰」という言葉や症状を耳にしたことはあったが、自分にはまったく無縁のものだと思っていた。分かりやすく言えば腰の捻挫みたいなもので、誰にでも起こりうるものだという。幸いにも僕の症状は「中」レベルのもので、一週間たった今では少しずつ動けるようになってきた。重い荷物を持ち上げる時は、腰に負担がかからないように膝を曲げて、しっかり腰を落としてから行うように! 皆様、くれぐれもご用心を!!

夕暮れ時のロナーセイジのファクトリー。なんともいい雰囲気。本編の内容とはリンクしないイメージ画像で御座います。あくまでもイメージです、イメージ。

夕暮れ時のロナーセイジのファクトリー。なんともいい雰囲気。本編の内容とはリンクしないイメージ画像で御座います。あくまでもイメージです、イメージ。