episode.18 魔女の一撃/その後

理不尽極まりない、
「盗人の魔女の一撃」

「魔女の一撃」、いわゆる「ぎっくり腰」のことなんだけど、その症状はまさに「魔女の一撃」という表現がふさわしく極めて刺激的なもの。「腰が抜ける」という言葉があるが、腰は挿したり抜いたりするものではないと今までは思っていた。でもね、腰は残酷なくらい抜けるものなんです。ぎっくり腰になると、まったく腰に力が入らなくなり、激痛とともにグニャリとその場に倒れ込んでしまうことになる。それこそ理不尽な魔女に必殺の一撃を食らったあと、ご丁寧に腰まで盗まれたような感じ。ぜひ「盗人の魔女の一撃」という表現に変えていただきたいものだ。

 

体の中心である腰が正常に機能しないということは、もちろんオートバイにも乗れないし、日常生活においてもこの上なく不便極まりない。やはり腰は「要」なのである。横になっても痛いし、座っても痛い。風呂に入るのも、ひと苦労だし、トイレだって大変、ひとりで靴下を履くこともままならない。

 

皆々様、くれぐれもぎっくり腰にはお気をつけ下さいませ。20代、30代の方もご用心を! とくに寒いこの季節、筋肉が凝り固まっている時に無理な体勢で腰に負担をかけて重い荷物を持ち上げたりしないように! あとクシャミでぎっくり腰になるなんていう猛者もいるとかいないとか……。花粉症の方、ご用心を!

ぎっくり腰になったから落ち込んでいるわけではありません。本編の内容とはリンクしないイメージ画像で御座います。あくまでもイメージ、イメージですから!

ぎっくり腰になったから落ち込んでいるわけではありません。本編の内容とはリンクしないイメージ画像で御座います。あくまでもイメージ、イメージですから!