episode.185 タイムスリップBBQ

30~40年代のビンテージが
北大阪の山中に集結

ビンテージハーレーの殿堂、船場モータース。言わずと知れた我が国のビンテージハーレーシーンの礎を築いた老舗中の老舗。将棋で言えば王将、AKB 48で言えばチームA所属時代の前田敦子、妖怪ウォッチで言えばジバニャンといったところか。ちなみに。腹巻きをしているその姿からジバニャンのことを柴又のネコでシバニャンだと今の今まで本気で思っておりました。

 

前置きはこれくらいにしてそのシバニャン、もとい船場がビンテージ四輪を扱うシカゴボーイズと共同で、去る10月19日に北大阪の林道を抜けた山深い山中にてBBQパーティーを開催。集まった車両はナックルヘッド4台にヨンパチが2台、WL3台にハイドラが2台、そしてインディアンとJDまでもが集結。さらにビンテージFORDが5台加わり、ビンテージサイクル&モーターショーさながらの豪華なBBQと相成った。

 

 

船場の学さん曰く「あまりにもロケーションが良かったので、僕の思いつきで3日前に身近な人たちに声をかけて北大阪の山中でBBQを行ないました。何かしら懐かしい空間に迷い込んだような感じでした(笑)」

 

名付けて「船場ビンテージBBQラン」。勝手なネーミングで恐縮ですが、BBQの肉はビンテージにちなんでぜひとも熟成肉でお願いします。それにしても30?40年代のビンテージで林道とは、恐れ入ります。

 

ここで一句。
「いかなる道も 走ってナンボの ビンテージ」
少し字余り。

 

取材協力
船場モータース
住所■東大阪市高井田西5-4-35
電話■06-6787-1008
URL■http://www.semba.co.jp


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。