episode.20 ロードホッパー Type 9i

独創的なサスペンションシステム、
「マルチアームサスペンション」

オリジナルのリジッドフレームに、H-D社製EVOスポーツエンジンやEVOビッグツインエンジンを搭載したコンプリートマシン「ロードホッパー」。リジッドフレームならではのダイレクトな乗り味がロードホッパー最大のポイントであり、そのテイストはチョッパーの神髄と言えるもの。

 

近年ではEVOビッグツインエンジンにオリジナルのインジェクションシステムを搭載したType 5iをリリースするなど、確実にアップデイトを重ねて来たロードホッパー。今回発表されたロードホッパーのニューモデル、Type 9iはH-D社製のツインカム88を搭載したロードホッパーの世界戦略車両だという。もちろんインジェクションモデルである。

 

この車両最大のトピックスはフレームにある。ロードホッパーのセールスポイントはダイレクトな乗り味と、シンプルなフォルムが魅力となるリジッドフレームと言える。そのリジッドフレームのフォルムは生かしつつも、走行性能を重要視し、オリジナルのマルチアームサスペンションシステムが開発された。メインフレームにサスペンションアームを取付け、その内側にサブアームとショックユニットを装着している。リジッドフレームのシンプルな造型を犠牲にすることのない、この独創的なサスペンションシステムがType 9iには採用されている。発表会当日は残念ながら試乗は叶わなかったが、ぜひともその実力を検証したいと思う。続報を待たれよ!

H-D社製ツインカム88をオリジナルのマルチアームサスペンションフレームに搭載したロードホッパーType 9i。エクステリアも専用設計品を装着している。

H-D社製ツインカム88をオリジナルのマルチアームサスペンションフレームに搭載したロードホッパーType 9i。エクステリアも専用設計品を装着している。

 

フレームエンドの上下にサスペンションアームを取付け、その内側にサブアームと縦方向にショックユニットが装着されているマルチアームサスペンション。

フレームエンドの上下にサスペンションアームを取付け、その内側にサブアームと縦方向にショックユニットが装着されているマルチアームサスペンション。