episode.227 お祓い

ゴリラのお祓いか、それとも車の修理が先か……

ローランドゴリラの遊撃により、カマロのリア周りがゆっさゆさと大きく振れる謎の現象に悩まされつつ、水戸のロナーセイジからどうにか自宅にたどり着いた。

あいかわらず目視ではリア周りになんらかの異常は確認できないが、この状況は明らかに非常事態である。例え本物のローランドゴリラでなかったとしても、手のひらサイズのよくできたローランドゴリラを筆頭にニシゴリラ、ヒガシゴリラ、そしてマウンテンゴリラを含めた一個師団が大挙して押し寄せ、カマロをゆっさゆさと興味本位で弄んでいる可能性は否めない。

さてどうしたものか……。

ゴリラのお祓いか、それとも車の修理が先か正直悩ましいところではあるが、僕はあいにくゴリラのお祓いについて取り立てて詳しいわけでもなんでもなく適切な対処法が思い当たらなかったので、まずは先日のエンジンガスケット交換でもお世話になった横浜市港北区のアメ車屋REDLINEに車を持ち込むことに決めた。ゴリラのお祓いは、そのあとからでも問題ないだろう。

車を持ち込む当日、もう一度足回り、タイヤ、そしてホイールナットを確認してみたが異常は見当たらない。果たして僕が住む武蔵野からREDLINEがある港北まで無事にたどり着けるのだろうか。まさかリア周りがバラバラになって……なんてこともないだろうとポジティブに考え家を出た。

そして約1時間ほど、一個師団のゴリラ(手のひらサイズ)に悩まされつつもなんとか店にたどり着くことができた。ひとまずはこれで安心だ。早速代表の羽生さんに今回の症状を伝え、一緒に近所をひと回りしてその状態を確かめることにした。すると出るわ出るわ、ゆっさゆさとゴリラ(手のひらサイズ)の一個師団が縦横無尽に暴れまわっている。

「よくこの状態で走ってきましたね……(笑)」と驚きを隠せない羽生さん。「プロペラシャフトのユニバーサルジョイントが怪しいですね。とにかく足周りをじっくりと確認してみましょう」。

──可能ならゴリラのお祓いもお願いします。

それから店に戻り、ふとリアタイヤを見てみたら、大きく変形していることに気がついた。サイドウォールは大きく波打ち、さらに接地面はV字型に逆反りしている。今朝見たときは、こんなことにはなっていなかったはず。この暑さでタイヤが一気に変形してしまったのか。今履いているBFグッドリッジのホワイトレターはコンパウンドが固くてなかなか減らないのだが表面のヒビ割れが目立ってきたのでそのうちタイヤ交換をしなければと思いつつ、気がつけばもう10年経っていた。いよいよ寿命というわけだ。

そこでまずはタイヤ交換を行い、それから足周りのチェックをお願いすることにした。タイヤはちょうど店にあったDELTAのホワイトレターに決定。中古タイヤだが程度はよく、サイズも今のBFグッドリッジに近いベストなもの。このタイミングで予期せぬタイヤ交換は痛手であるが、致し方なし。本丸はプロペラシャフトか。それともまた別の問題が隠されているのか!?

ここで一句。
「ゴリラネタ 引っ張りすぎて 恐縮です」
少し字余り。

取材協力
REDLINE AUTOMOTIVE
住所■神奈川県横浜市港北区新羽町1496-1
電話■045-545-9111
休日■水曜日
URL■http://www.redline045.com


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。