episode.228 sign

ついに完結! ゴリラの呪いは解けるのか……

ローランドゴリラの呪いにより、謎の現象に見舞われていたカマロを横浜市港北区のアメ車屋REDLINEに預けて数日後、代表の羽生さんから電話があった。

「カマロ、直りましたよ。原因はタイヤでしたね」

「えっ! タイヤ、だけですか? たしかにありえないくらい変形していましたが、タイヤが変形する前からリア周りがゆっさゆさと激しく揺れていたんですが……」

「停止時は確認できなくても、おそらくタイヤの回転による遠心力で変形してしまっていたんでしょうね。タイヤ交換をしたら、一発で揺れはなくなりました。念のため足周りをくまなくチェックしてみましたが、問題は見つかりませんでした」

「あ、ありがとうございます!」

そんなわけでプロペラシャフトの不具合でもローランドゴリラの呪いでもなんでもなく、タイヤの劣化によるトラブルでした。皆様、お騒がせして申し訳御座いませんでした。

やっぱり命を乗せて走るタイヤは重要だ。まだまだ溝が残っていたとはいえ、やはり10年使えば寿命だということか。考えてみればバースト寸前の状態で100キロ以上も走っていたことになる。ローランドゴリラが悪さをしていたのではなく、ゆっさゆさと危険を知らせてくれていたわけだ。ゴリラからのサインといったところか。これからはゴリラに足を向けて眠れないな。

履き替えたタイヤはDELTAのROAD MAX。中古だけど新品に近いコンディションを保っている。前後とも以前のBFグッドリッチからワンサイズダウンになるんだけどバランスは申し分なし。タイヤの異変のお知らせは今後もゴリラに任せるとして、日々のチェックも怠らないよう気をつけよう。

ここで一句。
「ありがとう ゴリラのおかげで 命拾い」
少し字余り。

取材協力
REDLINE AUTOMOTIVE
住所■神奈川県横浜市港北区新羽町1496-1
電話■045-545-9111
休日■水曜日
URL■http://www.redline045.com


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。