episode.229 チェリーズ襲撃

アジア太平洋地区のメディアツアー

去る09.09にアジア太平洋地区のメディアを招待して東京で開催されたHARLEY-DAVIDSON DRAK CUSTOM PARTY。

HARLEY-DAVIDSON DRAK CUSTOM PARTY IN TOKYO

翌日には朝7時半集合で港区のコンラッド東京にてアジアパシフィック マーケティング オペレーションズ ディレクターのグレッグ?ウィリス氏によるハーレー2016年モデルのプレゼンテーションが行われた。日本のメディアを筆頭に、中国や台湾などのメディアが入り交じったグローバルなプレゼンだったので、すべて英語での進行と相成った。

そのあと全員で専用バスに乗ってSTREET BUILD OFF 2015に参加する練馬のチェリーズカンパニーへ移動し、代表の黒須さんのインタビューがはじまった。彼の簡単な経歴からショップコンセプト、日本のカスタムシーンの印象などについて興味深い話を伺うことができた。特に海外メディアからの関心が高かったのが印象的で、チェリーズカンパニーのワールドワイドなネームバリューを改めて実感した次第。

ちなみにこのツアーは昨日から行われているらしく、今回が3回目で午後からあと1回残っているらしい。さすがに黒須さんもお疲れの様子。そりゃそうだ、毎回ほぼ同じことを話すわけだから……。

ここで業務連絡です。黒須さん、来月上旬に例の動画撮影で伺いたいと思います。その前に月内に御大の撮影を行う予定です。そうそう、パンヘッドの車検、大丈夫ですよね?

ここで一句。
「さぁ撮るぞ 動画量産 中身は内緒」
少し字余り。

取材協力
CHERRY’S COMPANY
住所■東京都練馬区関町北1-2-4
電話■03-6767-8803
URL■http://www.cherryscompany.com


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。