episode.234 サスペンションな動画

H-D純正プレミアムサスペンション

純正P&Aにスポーツスター用の新しいサスペンションが加わった。その名もプレミアムサスペンション。つまり、特別なサスペンションというわけだ。ラインナップはリアのプレミアムライドエマルジョンリアショックとフロントのプレミアムライドシングルカートリッジフォークキットがあり、それぞれスタンダード高とロープロファイルが用意されている。詳しくはバージンハーレーの特集記事をご覧頂きたい。

そのプレミアムサスペンション企画に連動してサスペンションにフィーチャーしたイメージ動画を撮らせていただいた。ライダーはバージンハーレー前担当者のJ・T。平たく言えばジャージ田中。マシンは彼の愛機であるトランプサイクルの手による2008 XL1200Rカスタムだ。このマシンに前後プレミアムサスペンションを装置し、走行シーンを中心に撮影を行ったわけだが、テーマがサスペンションというひとつのパーツに絞られているだけに撮影、編集ともにかなり手こずった。

一歩間違えれば、ただローアングルで足周りのアップが連続する単調な動画になりかねない。見せ方にどうバリエーションを持たせるか頭を悩ませたが、苦労の甲斐あってなかなかの出来に仕上がったのではと自画自賛。欲を言えば、ライダーがもう少しスリムだったら……などとあらぬ欲望が。

ここで一句。
「ロケあとに ステーキ食べるの やめませんか?」
少し字余り。

取材協力
ハーレーダビッドソンジャパン
URL■http://www.harley-davidson.com


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。