episode.241 タブレイロスの祭りと御開帳

この度、記念碑的な連載241回目を迎えられたことを幸せに思います

今年も残すところ、あと10日ほどとなってしまった本日12月21日。この更新を最後に2015年の「1000 の主張」を締めさせていただきたいと思います。「1000の主張」というタイトルからもお分かりの通り、1000回連載を目標に2010年10月6日に第一回目をスタートし、5年以上も続けてきたことになる。

今回が241回目ということを考えれば、1000回連載まであと15年以上もかかる計算だ。現在の週一掲載から週二掲載に更新頻度を変えたとしても8年以上。4年に一度開催されるポルトガル最大のお祭り「タブレイロスの祭り」で言えば2回分、8年に一度行われるという愛知県、笠寺観音の秘仏本尊さま「御開帳」と同じ周期である。ちなみに今年は8年に一度巡ってくるという12月のふたご座流星群観測の当たり年らしい。

241回目の連載というこの241という数字も記念碑的であると言えなくもない。それはそうだ、241は自然数、あるいは整数において、240の次で242の前の数字なのだから。もっと言えば241と並びを逆にした142を足すと383になるということも非常に重要なポイントだ。

とにかく、この年も押し迫った12月21日に連載241回目を迎えられたことをとても幸せに思う次第。気になるパンヘッドの状況はと言うと、それは来年のお楽しみということで……。それでは皆様、良いお年を。

ここで一句。
「必ずや 来年こそは 良い報告を」
少し字余り。

取材協力
ロナーセイジ
住所■茨城県小美玉市大笹470-12
電話■0299-48-3787


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。