episode.242 ザ・ベストファイブ

「1000の主張」全241本の中から昨年のベスト5を発表

皆様、明けましておめでとうございます。本年もHBJ.comをよろしくお願いいたします。

2016年、第一発目のお題は新年らしく当コラム「1000の主張」の人気記事ランキングを発表させていただきたいと思う。何を今さら……などという厳しいお言葉が聞こえてこないでもないが、しばしお付き合いのほどを。もしかしたらこのランキングから世相が占えるかもしれないし、ハーレー業界の未来が見えてくるかもしれない。少しばかりの教訓なら見つけられるんじゃないだろうか。そんな期待を込めて1000の主張、全241本の中から2015年に人気を集めたベスト5を発表しよう。

まずは第5位から紹介しよう。第5位には2015.08.24掲載の「EPISODE.224 希望」がランクイン。長期戦線離脱中の我が愛機、パンヘッドの近況をお伝えした回だった。うん、納得の5位入賞だ。


EPISODE.224 希望

続いて第4位は2011.09.12掲載の「EPISODE.43 謎のエンジンストール/其の壱」が獲得。謎の電気系トラブルに見舞われ、最後は仕方なく家までパンヘッドを押して帰ったというお話しだった。みんなトラブルネタが好きなんだな。


EPISODE.43 謎のエンジンストール/其の壱

では第3位を発表しよう。2012.01.23掲載の「EPISODE.60 気化器調律/其の壱」が3位に食い込んだ。お題はタイトル通り、キャブレターのセッティング。やはりメカネタは人気というわけだ。


EPISODE.60 気化器調律/其の壱

第2位は2015.07.06掲載の「EPISODE.217 ラングリッツの男」が獲得。41ナックルボッバーを愛機に持つラングリッツ東京の猪狩さんについて書いた回だった。ラングリッツ人気、恐るべし!


EPISODE.217 ラングリッツの男

それではお待ちかねの第1位を発表しよう。ナンバーワンは2015.08.31掲載の「EPISODE.225 時速100キロの違和感」が見事獲得。67カマロのトラブルネタが一等賞というのがなんとも微妙であるが、パンヘッドが長期戦線離脱中ということで致し方なし。


EPISODE.225 時速100キロの違和感

やはりトラブルネタが鉄板という結果になったが、2016年もほどほどのトラブルで走り続けて参ります。

ここで一句。
「アレですか? 他人の不幸は 蜜の味??」
少し字余り。


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て25年以上たつも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD5。