EPISODE.252 雑食系

肉食系でも草食系でもない、ただの雑食系バイク好き

前回更新したEPISODE.251「ネオレトロな羊の皮を被った狼」でヤマハのニューモデルXSR900についてつらつらと書かせていただいたわけだが、これが意外にも好評だった。ロードランナーのLeeさんが登場しているヤマハのオフィシャルムービーの影響が大きかったのだろうと想像はできるが、それにしてもハーレーWEBマガジンのHBJ.comでこの反響は驚きだった。

突然だが、僕はヤマハ党である。18歳ではじめて手に入れたバイクは中古のFZR400だったし、パンヘッドの前はSRに乗っていた。80年代のレーサーレプリカ全盛期をリアルタイムに過ごした僕としてはCBRよりもFZRだったし、NSRよりもTZR、さらに言えばDJ-1Rよりもチャンプに心惹かれたものだった。

そんな僕が憧れだったハーレーを手に入れて、こうしてHBJ.comにコラムを書いているわけだが、もちろん今でもハーレー以外のバイクにも興味は持っている。ドゥカティのスーパースポーツやスクランブラー、BMWのボクサーエンジンモデル、ホンダのRC213V-Sなんかにもチャンスがあれば一度は乗ってみたいと思っている。所有するのはパンヘッド一台で十分だけど……。

ここで一句。
「実を言えば バイクの好みは 雑食系」
少し字余り。


ホットバイクジャパン.com編集部

成田恒一 Kouichi Narita

京都生まれの京都育ち、生粋の京都人という妙なプライドがチャームポイント。HBJ編集部員になり13年目(途中ブランクあり)にしてHBJ.comを立ち上げる。東京に来て20年近く経つも、未だ京都弁が抜けない。趣味は物欲。趣味を超えてその物欲で生きていると言えなくもない、もはやライフワーク。ちなみに特技も物欲である。そして2005年、勢い余って67年式カマロを購入。目下のターゲットはD4S。