episode.40 LOVE & PEACE & RIDE Reunion

4年振りのあの山へ、
カマロですみません……

雑誌ホットバイクジャパン主催の伝説のミーティング「LOVE & PEACE & RIDE」。標高2307mの国立公園、志賀高原横手山山頂で開催される過酷、かつ最高にハッピーなミーティングである。何が伝説かと言うと、その標高から考えて、とてもバイクミーティングに適した場所とは言えないわけ。過去に雷が落ち、何人も救急車で病院に運ばれたこともあるし、暴風雨で会場のテントが吹き飛ばれるなんてことはしょっちゅうである。僕の感覚的には、夏の季節はほぼ8割りくらいが雨&霧。1割りが嵐で、残りの1割りが晴れといった印象だ。

 

しかし、普段は絶対にキャンプなどできない国立公園、横手山山頂。標高2307mからの眺めはまさに絶景であり、みんなその風景を見たくてやってくる。辛さを楽しめるかどうかが鍵となるミーティングと言える。第10回目の開催を最後に沈黙を守っていたそんなラヴピーが、4年振りに復活を遂げた! 8月1~7日までの一週間という長丁場での開催となり、あの山の頂は笑顔で溢れていた。

 

もちろん僕も行きました、土曜日から1泊2日でラヴピーに……。パンヘッドじゃなく、カマロで。本当はバイクで行きたかったんだけど、カメラや何やら取材道具で荷物が多くなり、結局カマロで行くことに……。「バイクミーティングにクルマで行くなんて何事ぞ!」というお叱りの言葉が聞こえてきそうですが、ご容赦下さい。さて次回開催は、また4年後? 次は必ずパンヘッドで!

土曜日は雨がけっこう降ったけど、日曜日の朝はなんと奇跡的に快晴。朝日を浴びてカマロが輝いています。これぞ、水も滴るイイ女……ん? イイ男……ですか?

土曜日は雨がけっこう降ったけど、日曜日の朝はなんと奇跡的に快晴。朝日を浴びてカマロが輝いています。これぞ、水も滴るイイ女……ん? イイ男……ですか?

日曜日の朝には駐車場からも美しい朝日を眺めることができた。時刻は朝の5時過ぎ。本当に何年振りだろうか? 朝日を眺めるのは……。心が洗われる瞬間だ。

日曜日の朝には駐車場からも美しい朝日を眺めることができた。時刻は朝の5時過ぎ。本当に何年振りだろうか? 朝日を眺めるのは……。心が洗われる瞬間だ。