episode 46 五輪と御柱祭

ショベルヘッドとの蜜月の日々
○○○だらけのツーリング!?

先月Girls Harleyに登場いただいた鎌田順子ちゃん。雑誌HOTBIKE JAPANやVIRGIN-HALEYの表紙にも何度となく登場いただいたことのある彼女をご存知の方も多いはず。2006年に発行された伝説の女性ハーレー専門誌「GIRLS HARLEY」でも協力をいただいたという経緯がある。ちなみに当HBJ.comの女性インタビューコンテンツ「Girls Harley」のネーミングは、この雑誌名から引き継いだものだ。

 

順子ちゃんにはじめて会ったのは今から6年前の2005年春で、雑誌HOTBIKE JAPANの取材だったと記憶している。ミディアムエイプが取り付けられた愛車の82ショベルヘッドは、ワインレッドのカラーリングを含め、今のスタイルとはまったく違った印象だった。今改めて昔の写真を見てみると、彼女の雰囲気もずいぶんと変わっていることに気付く。大人になったということか、丸くなったような印象を受けた。あっ、決して「そういう」意味じゃなく、カドがとれたというか……あっ、別に昔はカドがあったという意味じゃなく、穏やかになったというか、まろやかになったというか……とにかく、6年という歳月はとても長い。ピカピカの小学一年生も小学校卒業だし、オリンピック2回分とはいかないまでも、「6年に1度」という諏訪大社の御柱祭の開催周期と同じと考えれば6年という歳月の長さを実感してもらえるはずだ。

 

そんな時を経て丸くなった順子ちゃんは、ショベルヘッドのチョッパーに今も変わらず乗っている。トータルでは14年の付き合いになるという。14年と言えば、オリンピック4回分とはいかないまでも、ピカピカの小学一年生が成人式を迎える年数である。とにかく、これからもありのままの自分でショベルヘッドとのさらなるイイ関係を築いていって欲しい、おばあちゃんになっても……。そしてみんなでツーリングに行こう! おじいちゃんとおばあちゃんだらけのツーリング。──名案だと思わない?

なんかこうして改めて会うと何を話していいのやら。バイクの話しとか、さんざん昔に聞いたから。インタビューも何回かやったし。ちなみにメガネは伊達メガネ。

なんかこうして改めて会うと何を話していいやら。バイクの話しとか、さんざん昔に聞いたから。インタビューも何回かやったし。ちなみにメガネは伊達メガネ。

生まれ育った地元の湘南でインタビュー&撮影。やっぱりいいね、湘南は。なんかカリフォルニアみたい。リタイヤしたら、ぜひ鎌倉あたりに住みたいと思うわけ。

生まれ育った地元の湘南でインタビュー&撮影。やっぱりいいね、湘南は。なんかカリフォルニアみたい。リタイヤしたら、ぜひ鎌倉あたりに住みたいと思うわけ。