episode 52 チョッパー解禁!?

キャプテンアメリカ号や、
ファクトリーレーサーXR750が!

まずはお詫びから。前回更新で「排気管改変/其の参(完結編)にて、すべてをお伝えしよう」と締め括ったにもかかわらず、完成まであと一歩というところまで漕ぎ着けたものの、諸々の事情でアンフィニッシュのため、急遽ネタの差し替えと相成った次第。申し訳御座いません。

 

そこでLoner Sageのカスタマー、藤原さんの協力により実現した渾身のレポートをお届け。今回は常磐道を中心とした北関東周辺の高速道路のパーキングに設置された駐輪場の看板に着目しよう。なんと北関東道の壬生PAの看板には明かにハーレーがモチーフになっていると思われるイラストが使われている。しかもキャプテンアメリカ号を連想させるチョッパーである。バランスも申し分なし。さらに常磐道上りの八潮PAの駐輪場にはXR750に見えなくもないイラストが使われている。そう言われればリムはボラーニに見えるし、フォークはセリアーニのGPフォークに見えなくもない。熱いぞ、北関東!

北関東道、壬生PAに設置された駐輪場の看板。どう見てもハーレー。しかもマニアックなキャプテンアメリカ号である。エンジンはVツインだし、レイクされたステムヘッドに10インチオーバー前後のロングフォーク、おまけにシッシーバーまで取り付けられている。藤原さんのレポートでは壬生PAのみのスペシャルデザイン。

北関東道、壬生PAに設置された駐輪場の看板。どう見てもハーレー。しかもマニアックなキャプテンアメリカ号である。エンジンはVツインだし、レイクされたステムヘッドに10インチオーバー前後のロングフォーク、おまけにシッシーバーまで取り付けられている。藤原さんのレポートでは壬生PAのみのスペシャルデザイン。