1984 FXSB

写真

視覚的効果

「低く、細く」をコンセプトに製作された伊藤さんのショベルヘッド。1984年式のFXSBベースに仕上げられている。サス付きの純正4速フレームを使いながら、コンセプト通りのマシンにフィニッシュ。ポイントは最小限のエクステリアにある。小排気量用と思しきミニタンクは小さいながらも存在感抜群。あえてペイントを施さずにサビが浮いた状態であるが、これもまたアジと言えるだろう。

 

写真

絶妙な長さにカットされたリアのリブフェンダーもポイント。ピリオンパッド&ショートシッシーバーとの相性も申し分なし。ちなみにオーナー伊藤さんのお気に入りもこのリアセクションである。リアのショートショックでローダウンが施されているが、このスタイリングのキモは変則的なフィッシュテイルマフラーだ。ボリュームのあるこのマフラーエンドを低めに設置することで、視覚的にもローダウン効果を高めている。技アリのアイデアである。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    あえてペイントを施さずにサビが浮いた状態のミニタンク。若干後方にマウントされた位置が絶妙。樹脂製のタンクキャップも雰囲気だ。

  • 写真

    チョッパー定番のオープンプライマリー。ステップはミッドコントロールとされ、非常にコンパクトなポジションを入手している。

  • 写真

    マシンのスタイリングに大きく貢献しているフィッシュテイルマフラー。この位置にこだわるがゆえ、リアマスターシリンダーを上方へ移設している。

 

OWNER

TAKASHI ITO
伊藤 峻さん 31才

住所:神奈川県 職業:会社員