1984 FLH

写真

ブラック&ゴールド

今期A-DAYの来場者用駐車場で撮影をお願いした大浦さんのショベルヘッド。ベースマシンは1984年式のFLHである。前後にボリュームのあるFIRESTONEの5.00-16タイヤを履きマッシブなスタイルを入手している。対照的にエクステリアはミニマルにまとめられている。定番のスポーツスタータンクにシンプルなサイクルフェンダー、シートはコンパクトなサドルシートが取り付けられている。

 

写真

ポイントはリアサス付きの4速フレームである。マッシブなタイヤとミニマルなエクステリアをうまく繋ぎ合わせているのがこのフレームなのだ。さらにブラックアウトされたホイールにマフラー、フロントフォーク、リアサスペンションも視覚的効果として効いている。エクステリアにはブラックベースにゴールドリーフをあしらいエレガントな雰囲気を演出。緻密な計算により仕上げられたマシンと言える。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ハンドルバーはタイトなミニエイプが取り付けられている。もちろんライザーとともにブラックアウト。操作性も良好なポジションと言えるだろう。

  • 写真

    チョッパー定番の2.25ガロンのスポーツスタータンク。差し色として控えめなゴールドリーフが効いている。シンプルなデザインも◎。

  • 写真

    キャブレターにはSUをチョイス。始動性がよく、マイルドなテイストが持ち味の定番キャブレターである。トップのブラスキャップがアクセント。

 

OWNER

KOJI OURA
大浦浩二さん 51才

住所:静岡県 職業:貴金属加工販売