1946 FL

写真

ロングフォークチョッパー

07.15に神戸で開催されたニューオーダーチョッパーショー8thの来場者用駐車場で撮影をお願いした黒田さん。当日は小雨混じりのあいにくの天候ながら、愛車のナックルチョッパーで会場にやってきたというわけだ。1946FLをベースに製作されたこのマシン。ストレッチされた74スプリンガーが作り出す後ろ下がりのスタイリングがポイントとなるロングフォークチョッパーに仕上げられている。

 

写真

アップスイープのマフラーが、この後ろ下がりのスタイリングのためそこまで過激に見えず、ややカチ上げ気味といった印象だ。クロームが施されたフューエルタンク&フラットフェンダーもならではの雰囲気である。チータ製シッシーバーも見逃せないディテイルだ。ドッグボーンライザーを介して取り付けられたラビットバーもスタイリングの要と言えるだろう。イエローのワッフルグリップがいいアクセントになっている。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    スムースタイプのカムカバーがなんとも言えない色気を放っているナックルヘッド。ハーフムーンタイプのステップボードもいい雰囲気である。

  • 写真

    ヴィンテージと思しきソロサドル&ピリオンパッド。チラリと見えるチータ製シッシーバーが迫力のリアエンドを演出している。

  • 写真

    この角度でみると、とてもアップスイープには見えないマフラー。それほどまでに後ろ下がりのスタイリングと言える。焼け具合も◎。

 

OWNER

KEISUKE KURODA
黒田圭祐さん