1998 XL1200S

写真

EVOスポーツロングフォーク

降りしきる雨の中、ニューオーダーの会場へ愛車のスポーツスターチョッパーでやってきた水口さん。ジェットヘルメットにゴーグル、顔にはバンダナを巻いた状態で撮影に協力いただいた。雨の中をシールドのないジェットヘルメットで走るあの顔の痛さ、ハーレー乗りなら理解してもらえるだろう。ストレッチされたフロントフォークにはフェンダー代りのガムテープが巻かれている。

 

写真

1998年式の1200スポーツスターをベースに仕上げられたコチラのマシン。EVOスポーツベースのカスタムとしては珍しいロングフォークチョッパーに製作されている。ハンドルにはラビットバーが取り付けられ、リアエンドのシッシーバーと相まって70年代テイストのマシンにフィニッシュ。ハイマウントされた2.25ガロンのスポーツスタータンクに描かれた変形フレイムスもイイ雰囲気である。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    なめらかな曲線を描くラビットバー。ロングフォークとの相性がいいハンドルバーである。レバー類はシンプルなグリメカ製で統一されている。

  • 写真

    2.25ガロンのスポーツスタータンクにはブラックのベースに赤で変形フレイムスが描かれている。なかなか独創的なデザインと言える。

  • 写真

    必要にして十分なパフォーマンスを発揮する1200スポーツスターユニット。キャブレターはEキャブ、定番のティアドロップエアクリーナーを装備。

 

OWNER

YUSUKE MIZUGUCHI
水口祐亮さん