1984 FXB

写真

ガレージチョッパー

「自分でつくる!!」をコンセプトにオーナー鈴木さんの手によりカスタムされたショベルヘッド。1984年式のFXB1200をベースにオーナーの手により仕上げられたマシンは、まさにガレージチョッパーと言える。鈴木さんによると「乗りにくさ」が愛車のお気に入りポイントとのことだが、その乗りにくさを気に入っていることこそチョッパーの真髄。前方に倒されたドッグボーンライザーに取り付けられたボードトラックレーサーテイストのハンドルバーがその最大の要因であろう。

 

写真

 

縦に2つ並んで取り付けられたヘッドライトにマフラー形状も非常に個性的である。スプリンガーフォークに設置されたフロントフェンダーにもこがわりが伺える。鈴木さんが今一番気になっているパーツはピリオンパッドだという。このスタイルでピリオンパッドが取り付けられたら、まさにレーサーライクなマシンになるだろう。DIYカスタム、どこまでも突き進んで下さい!

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    ボードトラックレーサーを思わせるレーシーなハンドルバー。前方に倒し込まれたドッグボーンライザーが攻撃的なポジションを形成する。

  • 写真

    排気量1200ccのショベルモーターは完調を維持。コバルトブルーのカラーリングの分割タンクが、このマシンのアイコンとなっている。

  • 写真

    オープンプライマリーにロッカークラッチ&フットボード、シフトレバーはタンクサイドに設置されている。チョッパー定番のセッティングである。

 

OWNER

TAKAHIRO SUZUKI
鈴木貴浩さん 30才

住所:愛知県 職業:製造業