1976 XLCH

写真

ダートテイストのアイアン

「軽快な感じ」をコンセプトに製作された中村さんのショベルスポーツ。ブルーメタリックのベースにAMF時代のグラデーショングラフィックが配されたフューエルタンクがアイコンとなるマシンである。このグラフィックは現在も人気が高く、多くのカスタムペインターがこのデザインをモチーフに使用していることはご存知の通り。それでは中村さんのショベルスポーツを詳しく見ていこう。

 

写真

 

ポイントはカラーリングである。ブルーメタリックのベースカラーにシートやグリップのホワイトを合わせ、非常に爽やかな印象のマシンに仕上げられている。スタイリングも絶妙。スクランブラーテイストのベースマシンであるXLCHをブラッシッアップ。カチ上げられたリアフェンダーによりダートテイストが演出されている。フェンダーストラットを見れば、そのカチ上げられた角度は一目瞭然。ワザありのリアエンドと言えるだろう。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    今現在も人気が高いAMF時代のグラデーショングラフィックが配されたフューエルタンク。完成されたデザインだけにその人気も納得。

  • 写真

    ブルーのエクステリアとの対比が爽やかな印象のホワイトシート&ピリオンパッド。少し落ち着いたアイボリーというチョイスが◎。

  • 写真

    カチ上げ&カットされたリアフェンダーにはスタッズが打ち込まれたレザー製のマットフラップが取り付けられている。

 

OWNER

RYUTA NAKAMURA
中村竜太さん 25才

住所:愛知県 職業:会社員