1949 FL

写真

HELLINGS HY3レプリカバー

マニアックなアプローチでフリークを惹きつける名古屋のSTANCEが手掛けた1949FLがBooさんの愛機。非常によく乗り込まれているが、とても大切に扱われていることがひと目で分かる車両である。愛機のこだわりポイントはSTANCEに製作してもらったというHELLINGS HY3のレプリカハンドルだという。そのこだわりのハンドルバーに取り付けられたイエローのグリップもイイ雰囲気である。

 

写真

 

絶妙のラインを描くウインドシールドはBuco製。グリーンのカラーリングとリブがあしらわれたフレームがポイントとなっている。ハンドル側にはツールバッグを装備している。オレンジのパイピングが施されたサドルバッグは十分使用に耐えるコンディションを保っている。ソリッドなブラックのカラーリングも◎。オーナーのBooさんによると、1938パーツが気になっているとのこと。こだわりは尽きないようだ。

 

Machine Detail Check!

  • 写真

    レアなBuco製のウインドシールド。フレーム&補強部のリブがスタイリッシュ。ハイドラの顔であるナセルのイメージが一新されている。

  • 写真

    キャッツアイメーターダッシュの後継であるプレーンなパネル。合わせてトリップ付きメーターのグラフィックも変更されている。

  • 写真

    当時のオプションパーツだと思しきサドルバッグ。多くのスタッズとオレンジのパイピングがアクセントとなる洒落たデザインである。

 

OWNER

Boo
ブーさん 37才

住所:愛知県 職業:自営業