2005 XL1200C

写真

ストックスタイルを生かした1200カスタム

2010年モデルを最後に、2011年モデルからマッシブな前後16インチタイヤに変更されボッバーテイストが強いモデルへと刷新されたXL1200C。ここに紹介する石橋さんの愛機はフロント21インチタイヤを装置した2005年式のXL1200Cをベースに手が加えられたマシンとなっている。XL1200Cのポイントは容量17Lの大型タンクとクロームが施されたエンジン、それにフォワードコントロールのステップである。

写真

このマシンのコンセプトは「純正スタイルを崩さないカスタム」だという。そのコンセプト通り、XL1200Cの特徴である前出の3点には手を加えずにマフラー、シート、グリップや燈火類などの変更に留められている。シートは定番のLePeraのソロシート、マフラーは同じく定番のバンス&ハインズ製ドラッグパイプをチョイス。今後はエアクリーナーや前後のホイールのカスタムを計画中とのこと。愛機のお気に入りポイントはクロームパーツだと語っていただいた。

Machine Detail Check!

写真

純正のダブルシートからシンプルなLePeraのソロシートに変更。そのクオリティーは折り紙つきの定番シート。

写真

クロームタイプのテーパードマフラーからブラックアウトされたバンス&ハインズ製マフラーに換装されている。

写真

純正のLEDテールランプ。高い視認性はもちろんのこと、デザインを大きく崩すことなく個性を主張することができる。

OWNER
HIROSHI ISHIBASI
石橋弘至さん
住所:兵庫県 職業:会社員

Photo: Hiroaki Tanaka