1959 PAN HEAD

写真

ヨンパチスタイルを再現した後期型パンヘッド

去る3月8日に船場と横浜のムーンアイズがタッグを組んで本牧のムーンアイズ・エリアワンで開催した「SEMBA’S VINTAGE HARLEY EXHIBITION AT MOON GARAGE & MOON CAFE」。この展示会にご覧のパンヘッドに乗って遊びに来ておられた川原さん。なんと御年63才にしてこの車両をさっそうと乗りこなす川原さん曰く「愛車のお気に入りポイントはすべて」だと答えて頂いた。

写真

1959年式のパンヘッドモーターをベースにヨンパチモデルをイメージし製作されているコチラの車両。リジッドフレームにスプリングフォークという組み合わせは、現代のオートバイとは掛け離れた乗り味であるが、十分に日常の足として使うことができる過不足ないパフォーマンスを誇っている。マウストラップを介したハンドクラッチ仕様にモディファイされているので、操作系は普通のオートバイとなんら変わりはない。現在ナックルヘッドが気になっているという川原さん。これはもう、行くしかないですね!

Machine Detail Check!

写真

キャッツアイメーターダッシュが取り付けられたメーター周りはオーナーのナックルヘッドへの憧れからか。

写真

キャブレターには始動性がよく、かつマイルドな乗り味が特徴的な定番のSUキャブレターが装着されている。

写真

ロッカークラッチかと思いきや、マウストラップを介したハンドクラッチなので、シーソーペダルというわけだ。

OWNER
川原正行さん
住所:神奈川県 職業:造園業