1950 FL

写真

60′sチョッパー

1950年式のハイドラをベースに仕上げられた稲井さんのパンチョッパー。製作は神奈川県横浜市のIMファクトリーが担当している。コンセプトはズバリ「60′sチョッパー」。ロングフォークチョッパーが台頭する以前のトラディショナルなスタイルが特徴となるチョッパーである。モールディングが施されたリジッドフレームにエクステンドされたテレスコフォークを装着し、やや後ろ下がりのスタイリングとしているところがポイントだ。

写真

イイ具合にヤレたピーナッツタンクに定番のフラットフェンダーをセットアップ。スプリングが仕込まれたキング&クイーンとシッシーバーの組み合わせ、定番のアップスイープのトランペットマフラーとのマッチングも申し分なし。特徴的なのはハイライザーに取り付けられたエイプバーである。グリップ部が大きく絞り込まれているので操作性は良好だろう。ステップはミッドハイに設置。まさに旅に出たくなるチョッパーという印象である。

Machine Detail Check!

写真

塗装のヤレ具合といい、ピンストライプのカスレ具合といい、なんとも絶妙なピーナッツタンクを装備している。

写真

コイルスプリングが仕込まれたキング&クイーンシート。B級感溢れるオーナーこだわりのシートである。

写真

定番のオープンベルトドライブ&ジョッキーシフトのセッティング。クラッチはノンロッカーを装着。

OWNER
稲井森さん
住所:神奈川県 職業:会社員