1998 XLH883

写真

EVOスポーツチョッパー

1998年式のスポーツスターをベースに、ハードなチョッパーに仕上げられたコチラのマシン。コンセプトはズバリ「チョッパー」である。ストレッチされたフロントフォークにリジッドバーが取り付けられたシャシーはハードのひと言。そんな骨格に合わせられる外装はコフィンタンクにリブフェンダー。EVOスポーツとは思えないスタイリングを入手している。

写真

ポジションもタイトなものだ。絞り込まれたティラーバーにソロート、ミッドコントロールが作り出すポジションはチョッパーそのもの。さらに驚くべきはフットクラッチ&ジョッキーシフトに改造されている点だ。こんなハードなEVOスポーツにはそう簡単にはお目にかかれないはず。今一番気になっているパーツは1200のシリンダーとのこと。まだまだカスタムプランは尽きない様子である。

Machine Detail Check!

写真

タイトに絞り込まれたティラーバーとコフィンタンク。このハンドルバーの操作は、そうとう手強いはず。

写真

ノンロッカークラッチにジョッキーシフトのセッティング。EVOスポーツとは思えない組み合わせである。

写真

リジッドバーが取り付けられたリアエンド。その乗り心地は極めてハードなものだ。リムはエキセルのアルミリム。

 

OWNER

小林宏充さん 31歳

住所:茨城県 職業:塗装工