1970 XLH

写真

ハードなショベルリジッド

1981年式のショベルヘッドをベースに仕上げられたコチラのマシン。リジッドフレームに74スプリンガーフォークがセットアップされた定番のスタイルであるが、こだわりが随所に隠されている。オーナーの中野さんのお気に入りポイントはタンクとマフラーとシッシーバーとのこと。ハイマウントされたスポーツスタータンクの、このエイジングへのこだわりは尋常ではない。

写真

マフラーは溶接跡が生々しいアップスイープのドラッグパイプ。シッシーバーは鉄の質感が前面に押し出されたハードなものだ。キャブレターはスーパーE、スーパーショートファンネルはIK WORKS製が取り付けられている。そしてオープン化されたプライマリーはチェーン剥き出し。ロッカークラッチにジョッキーシフトのセッティングは定番であるが、チェーン剥き出しは相当ハードな印象である。

Machine Detail Check!

写真

ショベルエンジンにS&SスーパーE、スーパーショートファンネルの組み合わせ。オイルタンクのステッカーにも注目。

写真

チェーン剥き出しのハードなプライマリー。シフトはメカニカルトップのジョッキーシフトとされる。

写真

溶接跡がハードな印象を与えるアップスイープのドラッグパイプ。シートはシンプルなソロサドル&ピリオンを装着。

 

OWNER

YASUHIRO NAKANOさん 37歳

住所:埼玉県 職業:会社経営