2000 XL1200S

写真

ランドセルチョッパー

2000年式のXL1200Sをベースとしチョッパーライクに仕上げられた菊池さんの愛機。ツインプラグの最強EVOスポーツとして今でも人気の高いこのXL1200Sを軽快にチョップ。ストックのビッグスポーツスタータンクを2.25ガロンのスモールタンクに換装し、リアフェンダーを過激にカット。非常にスタイリッシュに仕上げられている。

写真

ポイントは特徴的なハイライザーバーである。純正ライザーの幅に合わせて立ち上げられた緩やかな曲線を描く幅広のこのハンドルバーがマシンの方向性を決定づけている。さらにオーナー曰く、こだわりはご子息の使用済みランドセルをサドルバッグ代わりに使用しているところだという。実用的なことこの上なし!

Machine Detail Check!

写真

特徴的なハイライザーバー。マスター&レバーはチョッパー定番のグリメカ製が取り付けられている。

写真

マフラーはややアップ気味に取り付けられたトランペット。リアショックはプログレッシブでローダウン。

写真

こだわりのランドセルをサドルバッグとして使用。シンプルなブラックなので、マシンとのマッチングも◎。

 

OWNER

ATSUO KIKUCHIさん 38歳

住所:埼玉県 職業:会社員