1981 SHOVEL HEAD

写真

海を連想させるショベルチョッパー

「自家塗装のフューエルタンクとマフラーのフィッシュテールで海っぽく仕上げました」と語っていただいたオーナーの横山さん。ベースマシンは1981年式のショベルヘッドである。サスペンション付きの純正4速フレームの良さを生かして軽快に製作されている。ハイマウントされたエッグタンクとリアの跳ね上げフェンダーのペイントは前出の通り、横山さんの手によるものだ。

写真

ブラックのベースにシルバーフレークを吹き付け、キャンディーブルーでコーテングされたカスタムペイントは非常に手がこっている。とても素人仕事とは思えない仕上がりである。特徴的なショートフィッシュテイルマフラーと相まって、横山さんの言う通り、どこか海を連想させる個性的なマシンにフィニッシュ。お見事です!

Machine Detail Check!

写真

エッグタンクに施されたフィッシュスケールをイメージさせるカスタムペイントはオーナーの手による自家塗装。

写真

ショベルユニットに取り付けられるキャブレターは定番のショーティー。ファンネルはIKワークスのショートタイプ。

写真

オープンベルトに換装されたプライマリー。シフトはノンロッカークラッチ&ジョッキーシフトのセッティング。

 

OWNER

HIROYUKI YOKOYAMAさん 31歳

住所:埼玉県 職業:会社員