2004 XL1200R

写真

コンパクトスポーツ

キャブレターモデルの2004年式スポーツスターXL1200Rをベースに仕上げられたコチラのマシン。とかくカスタムに敬遠されがちなラバーマウントモデルながらも非常にコンパクト、かつバランスよくまとめられている。ポイントはマウントが見直されたフューエルタンクである。純正のノーマルタンクにナロード加工を施し、ハイマウント化。サフェーサー仕上げのカラーリングもイイ雰囲気だ。

写真

そのタンクに合わせてショートサイクルフェンダーをチョイス。シートはタックロールのソロタイプが装着されている。ハンドルバーも特徴的だ。フロントフォークのラインに合わせて製作されたロングタイプのラビットバーがコンパクトなポジションを実現している。さらにグリップのカラーリングを左右で変えることによって遊びゴコロを演出。前後のホワイトリボンタイヤもアクセントとして非常に効いている。

Machine Detail Check!

写真

コンパクトなポジションを実現するラビットバー。マスターはグリメカ、左右のグリップに注目だ。

写真

純正のビッグタンクをベースにナロード加工が施されたフューエルタンク。サフェーサー仕上げもイイ雰囲気。

写真

フィット感も上々なタックロールタイプのソロシート。テール&ナンバープレートはサイドマウント化。

 

OWNER

AOSAN’Sさん 34歳

職業:会社員

Photo: Hiroaki Tanaka