1977 FX

写真

スケートスタイルチョッパー

1977年式のFXショベルヘッドをベースに製作されたコチラのマシン。オーナー、のっちゃんさん自作のチョッパーである。そのコンセプトは「おおかみをかぶった羊」とのこと。ストレッチされた39mmフォークにより、やや後ろ下がりのフォルムとし、ロングフォークならではのスタイリングを入手している。ポイントはそのポジションであろう。

写真

ミッドハイに設置されたステップと極薄シート、そして後ろ下がりのスタイリングからかなり後傾気味のポジションとなっている。「スケボーがうまくなりたい」というオーナーの趣向から、ブレーキペダルにはスケートボードのウィールが取付けられているところも面白い。ちなみにシフトペグはラチェットレンチのソケットが流用されている。なかなか斬新なアイデアである。

Machine Detail Check!

写真

タイトなハンドルバーにスピードスクリーンを装着。タンクに合わせた赤のグリップがアクセントになっている。

写真

スケートボードのウィールをブレーキのペグに使用してる。なかなか操作性は高そうである。

写真

ローダウンされたリアショックに、マフラーはチョッパー定番のサンダーヘッダーが取付けられている。

 

OWNER

のっちゃんさん 36歳

住所:茨城県 職業:運送業

Photo: Hiroaki Tanaka