1998 XLH 883

写真

ハードなEVOスポーツチョッパー

「Psycho Billy Chopper」をコンセプトに1998年式XLH 883をベースに製作されたスポーツスターチョッパー。オーナーのfrickerさんによるとお気に入りのポイントは全部だというこだわりのマシンである。スタイリングの要はストレッチされたフロントフォークとリアサスペンションに取付けられたリジッドバーであろう。EVOスポーツをベースにこのセッティングはかなりハードなはずだ。

写真

さらに注目すべきはジョッキーシフト化されている点である。ステップマウントと本来のクラッチワイヤーを生かしてノンロッカークラッチとし、シフトにリンケージを介してバッテリーサイドにジョッキーシフトが設置されている。なんとも過激なセッティングである。エアクリーナーにはツーリング時に転倒して付いたキズが入っているが、オーナー曰く「ダメージカスタム」とのこと。エンジンにキックスターターキットが装着されている点も注目だ。

Machine Detail Check!

写真

ハンドルはショートタイプのティラーバー。マスターはグリメカ、もちろんクラッチレバーは装着されていない。

写真

フューエルタンクにはハードなマシンのイメージに合わせてコフィンタンクをチョイスしている。

写真

ツイステッド加工が施されたリジッドバーでハードテイル化。その乗り味はそうとうタフなはず。

 

OWNER

frickerさん 31歳

住所:茨城県 職業:塗装工

Photo: Hiroaki Tanaka